遺族が受け取る年金

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺族が受け取る年金 -2010/08/01-

被相続人の死亡後、遺族に支払われた年金については、その年金の種類によって取り扱いが異なります。

①公的年金(国民年金・厚生年金等)

被相続人に対する未支給年金の場合、相続税の課税対象にはなりません。 この未支給年金は、遺族の一時所得として、所得税の課税対象になります。 また、遺族に対して支払われる遺族年金については、相続税も所得税もかかりません。

②私的年金(適格退職年金・個人年金保険等)

遺族に対して支払われる私的年金については、その種類に応じて、相続税の課税対象 となります。

(ⅰ)死亡退職となったため、確定給付企業年金契約等により遺族に年金が支払われることになった場合

年金受給権が退職手当金等として相続税の対象になります。
(退職手当金等は、「遺族が受け取る退職手当金等の合計額」のうち、「500万円×法定相続人の数」までは課税されません)

(ⅱ)個人年金保険の保険料負担者の死亡により、遺族が残りの年金を受け取る場合

年金受給権が相続税の対象となります。
この年金受給権の価額は、契約時期に応じて評価方法が異なってきます。

年金の受け取りはその種類・契約内容に応じて課税関係が異なってきます。
詳しくは、税理士までご相談下さい。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続人が相続税申告期限前に亡くなった場合~数次相続~

【前の記事】:土地の評価~容積率を確認しよう

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306