青空駐車場の評価について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

青空駐車場の評価について -2011/04/11-

関連キーワード:

被相続人が所有していた土地の一部を近隣の方に駐車場として貸し付けていたという状況は、往々にしてよくあることです。

こうした場合、その駐車場については、構造上の設備が建設されているか否か、管理会社に管理を委託しているか否か等、相続開始時の状況により、その評価方法が異なります。

一例として、被相続人等がアスファルトなどの設備を施して、貸駐車場を経営している場合の当該駐車場の敷地に供されている土地は、自用地評価します。これは、あくまで「駐車場の利用」という目的での土地の貸付けであるため、土地全体の占有権や管理権を借主に移転させたものではないという考え方に従っています。

従って、駐車場の賃借人に係る敷地に対する権利は、法律上の特別の保護が与えられているものではないため、評価しません。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:老人ホームに入居しているときの小規模宅地等の特例の適用について

【前の記事】:相続税の課税根拠とは

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145