相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

チェスターNEWS

青空駐車場の評価について

2011/04/11

関連キーワード:

被相続人が所有していた土地の一部を近隣の方に駐車場として貸し付けていたという状況は、往々にしてよくあることです。

こうした場合、その駐車場については、構造上の設備が建設されているか否か、管理会社に管理を委託しているか否か等、相続開始時の状況により、その評価方法が異なります。

一例として、被相続人等がアスファルトなどの設備を施して、貸駐車場を経営している場合の当該駐車場の敷地に供されている土地は、自用地評価します。これは、あくまで「駐車場の利用」という目的での土地の貸付けであるため、土地全体の占有権や管理権を借主に移転させたものではないという考え方に従っています。

従って、駐車場の賃借人に係る敷地に対する権利は、法律上の特別の保護が与えられているものではないため、評価しません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

【次の記事】:老人ホームに入居しているときの小規模宅地等の特例の適用について

【前の記事】:相続税の課税根拠とは

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る