年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税の課税根拠とは

2011/03/28

関連キーワード:

租税は、様々な観点から分類がされるが、そのひとつに担税力の違いを基準として分類される方法があり、収入や所得に課税されるもの、財産(資産)に課税されるもの、消費に課税されるもの等がある。中でも、財産課税は、所得や財貨・サービスの消費では捉えきれない税負担能力に着目して課される税であり、財産の所有という事実に基づき、税負担の公平性の観点から必要とされています。

ちなみに、相続税は「相続によって、財産を臨時的・一時的に無償で取得した場合に課される財産税」に分類され、その課税根拠が認められるといえます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

【次の記事】:青空駐車場の評価について

【前の記事】:専門家が教える!遺言作成の注意点

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る