小規模企業共済の所得控除

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

小規模企業共済の所得控除 -2011/12/05-

関連キーワード:

小規模企業共済の掛金は、全額を所得から控除することができるため節税効果を得ることができます。

また、掛金は前納することができ、1年以内の前納掛金についても全額所得控除の対象となります。

つまり、2年分の掛金を支払えば2年間分所得控除の対象とすることができるということです。

今年は予想以上に利益が出てしまったという事業主の方は、検討してみてはいかがでしょうか。

【参考】
小規模企業共済とは個人事業の廃業などにより共同経営者を退任したとき、会社等の役員を退職したときなどの生活資金等をあらかじめ積み立てておく制度で、小規模企業共済法に基づいて、国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営している組織です。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:ディスカウント債の評価方法について

【前の記事】:死亡保険金の非課税限度額の縮減

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145