孫養子の2割加算

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

孫養子の2割加算 -2012/05/28-

関連キーワード:

相続税は、法定相続人の数と財産額で税額が決まります。 法定相続人が多いほど基礎控除額が増え、非課税枠が大きくなり税額が減ることになりますが、養子縁組は実子がいる場合には1人まで、いない場合は2人までしか考慮されませんので、何十人も養子縁組をすれば税額が0円になるかといえばそうではありません。

そこで気をつけなければいけないのが、2割加算です。この制度は養子の中で直系卑属(孫・曾孫など)が対象となり、子の配偶者が養子になった場合は対象外です。孫に遺産を相続すると親→子→孫の2回相続税かかるのに対して親から孫に遺産を相続すると1回分相続税を支払わなくて良いことになるので、孫は相続税が2割増になります。

財産の価値が下がってしまう可能性、又は相続税の税制改正が行われる可能性を考えると2割加算は損になることも十分想定されます。 したがって、様々な角度から検討した上で養子縁組行う必要があります。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:都市計画道路予定地にある宅地の評価

【前の記事】:指定受取人が被相続人(契約者・被保険者)より先に死亡した場合

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306