年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

孫養子の2割加算

2012/05/28

関連キーワード:

相続税は、法定相続人の数と財産額で税額が決まります。 法定相続人が多いほど基礎控除額が増え、非課税枠が大きくなり税額が減ることになりますが、養子縁組は実子がいる場合には1人まで、いない場合は2人までしか考慮されませんので、何十人も養子縁組をすれば税額が0円になるかといえばそうではありません。

そこで気をつけなければいけないのが、2割加算です。この制度は養子の中で直系卑属(孫・曾孫など)が対象となり、子の配偶者が養子になった場合は対象外です。孫に遺産を相続すると親→子→孫の2回相続税かかるのに対して親から孫に遺産を相続すると1回分相続税を支払わなくて良いことになるので、孫は相続税が2割増になります。

財産の価値が下がってしまう可能性、又は相続税の税制改正が行われる可能性を考えると2割加算は損になることも十分想定されます。 したがって、様々な角度から検討した上で養子縁組行う必要があります。

【次の記事】:都市計画道路予定地にある宅地の評価

【前の記事】:指定受取人が被相続人(契約者・被保険者)より先に死亡した場合

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る