相続税申告は電子申告(e-tax)ができず書類提出のみ

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税申告は電子申告(e-tax)ができず書類提出のみ -2016/06/13-

関連キーワード:

相続税申告は電子申告(e-tax)ができず書類提出のみ

法人税や所得税は電子申告(e-tax)が主流になってきましたので、相続税申告も電子申告したいと考える人も多いと思います。この記事では相続税の電子申告について解説します。

1.相続税は電子申告(e-tax)できない

結論から解説しますと、「相続税申告は電子申告(e-tax)できない」です。

ほぼ全ての税目が電子申告対応しているにも関わらず相続税だけが電子申告に未対応で不便を感じる人も多いと思います。

相続税が電子申告に対応できない要因として次の2点が考えられます。

1.提出書類が多く電子申告に不向き
2.相続人連名で提出する形式であるため、申告を単独で行うことを想定している電子申告のシステムに対応できない

以上の要因が関係して相続税が電子申告対応していないと考えられます。

将来的には相続税も電子申告(e-tax)対応されると思われますが、現状では紙ベースでの申告書提出となります。

2.まとめ

この記事では相続税は電子申告(e-tax)できないことを説明しました。このため紙ベースで申告書を作成して税務署へ提出することが必要ですので注意しましょう。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:東京で相続税専門の税理士事務所を紹介

【前の記事】:暦年贈与サポートサービスを利用した時の相続税法24条の該当性

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145