特約の保険金と相続税

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

特約の保険金と相続税 -2011/02/13-

関連キーワード:

特約の保険金のうち、傷害保険金、入院保険金、手術保険金又は通院療養給付金は、身体の傷害に基因して支払を受ける生命保険契約に基づく給付金であり、所得税では非課税となり相続税が課税されます。

相続税法上、みなし相続財産となる生命保険金は、被保険者の死亡を保険事故として支払われるものに限られます。

従って、被保険者の傷害(死亡の直接の基因となった傷害を除きます)、疾病その他これらに類するもので死亡を伴わないものを保険事故として支払われる保険金又は給付金は、死亡後に支払われたものであっても、みなし相続財産ではなく、被相続人の本来の相続財産として相続税の課税対象になります。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続人に障害者がいる場合(障害者控除)

【前の記事】:平成23年税制改正に伴う相続税対策

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306