相続税の課税根拠とは

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の課税根拠とは -2011/03/28-

租税は、様々な観点から分類がされるが、そのひとつに担税力の違いを基準として分類される方法があり、収入や所得に課税されるもの、財産(資産)に課税されるもの、消費に課税されるもの等がある。中でも、財産課税は、所得や財貨・サービスの消費では捉えきれない税負担能力に着目して課される税であり、財産の所有という事実に基づき、税負担の公平性の観点から必要とされています。

ちなみに、相続税は「相続によって、財産を臨時的・一時的に無償で取得した場合に課される財産税」に分類され、その課税根拠が認められるといえます。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:青空駐車場の評価について

【前の記事】:専門家が教える!遺言作成の注意点

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145