相続時精算課税の適用を受けようとする者が届出書の提出前に死亡した場合

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続時精算課税の適用を受けようとする者が届出書の提出前に死亡した場合 -2011/06/20-

関連キーワード:

贈与により財産を取得した者が、相続時精算課税制度の適用を受けることができる場合に、当該制度適用者である死亡した受贈者が贈与税の申告期限前(相続時精算課税選択届出書の提出前)に、「相続時精算課税選択届出書」を提出しないで死亡したときには、当該贈与を受けた財産について、相続時精算課税の適用を受ける為に提出する相続時精算課税届出書の提出先及び提出期限等は、どうすればよいのでしょうか。

上記のような場合には、死亡した受贈者の相続人(包括受遺者を含み、贈与者を除く。)が、死亡した受贈者が有することになる相続時精算課税制度の適用を受けることに伴う納税に係る権利又は義務を承継するため、受贈者にかわって提出を行います。

この場合の届出書の提出先及び提出期限についてですが、その相続開始があったことを知った日の翌日から10か月以内が、その死亡した受贈者の相続人の贈与税申告期限となるため、当該届出書においても、死亡した受贈者の死亡した日における贈与税の納税地の所轄税務署長に共同して提出し、納付をします。

また、相続人が2人以上いる場合には、当該届出書の提出は、これらの者が一の届出書に連署して行う必要があります。

※1相続時精算課税(国税庁HP参照)

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続時精算課税適用者が特定贈与者よりも先に死亡した場合

【前の記事】:暦年贈与と相続時精算課税制度との有利判定

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145