相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

相続時精算課税の適用を受けようとする者が届出書の提出前に死亡した場合

2011/06/20

関連キーワード:

贈与により財産を取得した者が、相続時精算課税制度(※1)の適用を受けることができる場合に、当該制度適用者である受贈者が贈与税の申告期限前(相続時精算課税選択届出書の提出前)に、「相続時精算課税選択届出書」を提出しないで死亡したときには、当該贈与を受けた財産について、相続時精算課税の適用を受ける為に提出する相続時精算課税届出書の提出先及び提出期限等は、どうすればよいのでしょうか。

上記のような場合には、死亡した受贈者の相続人(包括受遺者を含み、贈与者を除く)が、死亡した受贈者が有することになる相続時精算課税制度の適用を受けることに伴う納税に係る権利又は義務を承継するため、受贈者にかわって提出を行います。

この場合の届出書の提出先及び提出期限についてですが、その相続開始があったことを知った日の翌日から10か月以内が、その死亡した受贈者の相続人の贈与税申告期限となるため、当該届出書においても、死亡した受贈者の死亡した日における贈与税の納税地の所轄税務署長に共同して提出し、納付をします。

また、相続人が2人以上いる場合には、当該届出書の提出は、これらの者が一の届出書に連署して行う必要があります。

(※1)国税庁タックスアンサー No.4103 相続時精算課税の選択

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

【次の記事】:相続時精算課税適用者が特定贈与者よりも先に死亡した場合

【前の記事】:暦年贈与と相続時精算課税制度との有利判定

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る