保険代理店の収益計上時期

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

保険代理店の収益計上時期 -2012/01/23-

保険代理店の収益の計上基準は、法人税基本通達2‐1‐5(請負による収益の帰属の時期)にその取扱いが定められています。

法人税法基本通達2-1-5「請負による収益の額は、・・・物の引渡しを要しない請負契約にあってはその約した役務の全部を完了した日の属する事業年度の益金の額に算入する。」保険代理店業における「役務の全部を完了した日」とは保険契約が正式に成立した日に手数料請求権が確定するということは、保険会社と保険契約者の契約が成立した日をもって「役務の全部完了した日」と考えられます。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:老朽化した家屋の評価について

【前の記事】:社会保障・税一体改革素案

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145