相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

老朽化した家屋の評価について

2012/01/30

関連キーワード:

相続税法上では、建物の評価は、固定資産評価額×1.0倍と規定されています。 しかし、被相続人が所有していた家屋が老朽化していた際、固定資産の評価に影響はあるのでしょうか。

固定資産税における建物の評価額は、不動産の購入価額や実際の建築工事費ではなく、総務大臣の定める固定資産評価基準によって算出しています。

固定資産評価基準では、再建築費(価格)を基準として評価する方法(再建築価格方式)を採用しており、評価の対象となった家屋と同一のものをその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費を求め、その家屋の建築後の経過年数に応じた減価を考慮し、その家屋の価格を求めるものです。

なお、3年に1度、全国一律で評価替えが行われますが、その時の物価・資産価格の変動を考慮するため、建物の建築後の年数が経過していても、評価額が上がることもあります。しかし、前年の固定資産評価額は上回らないように価額を据え置きます。その結果、建物が老朽化しても、評価額は下がらないといった状況もでてきます。

もし、固定資産課税台帳の登録価格に不服がある場合には、東京都固定資産評価審査委員会及び各都税事務所に置いてある審査用紙にて、東京都固定資産評価審査委員会に対して家屋調査・審査の申出をすることができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

【次の記事】:ゴルフ会員権の評価

【前の記事】:保険代理店の収益計上時期

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る