相続税における税務調査のすべて

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

相続税における税務調査のすべて

ここでの記事は相続税の申告を終えた方にお役立ちになります。

税務調査は提出された申告に不備や申告額が少ないなど虚偽の疑いがあった場合に行われます。

税務調査が行われる条件は様々ですが、調査をされている方は共通して

・ご自身で相続税の申告をしている
・自己判断で相続税の申告をしなかった(申告漏れ)
・相続専門の税理士に頼まなかったので不備があった

という方が多いです。

税務調査の可能性が心配な方

上記に当てはまり、税務調査の”可能性”がある方は今すぐに「1.相続税における税務調査の概要」をご覧ください。

「追徴課税」「罰金」
ある日突然、税務署から税務調査のお知らせの電話がきたら不安が頭をよぎり、冷静な判断ができなくなります。
そうならないためにも、適切な知識を身につけてください。

税務署から電話がきた

「すでに税務署から電話がきて、どうしたらいいかわからない」
という方は、「2.税務調査の準備〜終わりまで」をご覧ください。

事前に準備するべきこと・当日にやるべきこと・終わった後にやるべきこと・調査結果の対処法など
すべてをご説明しています。

税務調査の可能性がある方1.相続税における税務調査の概要

相続税申告者の4人に1人が受ける税務調査とは?

数字を見ると相続税申告のほとんどは不備や虚偽があることがわかります。
「税務調査を受けるかもしれない」
少しでも不安がある場合はまず最初に税務調査の基礎知識を学んでください。

税務調査の基礎知識

税務調査に入られないようにするために

税務調査をされないに越したことはありません。
そのためには税務署が何をチェックするのか知ったうえで
事前にコツを押さえた相続税申告書の書き方や添付資料のつけかたを
把握しておく必要があります。

税務調査をされないための対策

税務署から税務調査の連絡がきた方2.税務調査の準備〜終わりまで

STEP 1 税務調査前の準備

・提出した申告書をチェックし自主修正
・税務調査当日に見せるべき資料の選定と準備
これらが主に準備段階で行うことです。
準備を整えれば追徴課税されることなく、申告書の訂正だけで調査が終了するケースも多いです。

絶対に押さえておきたい税務調査の準備

STEP 2 税務調査の当日

税務署が何を聞いてくるのか事前に把握することで当日慌てることなく冷静に対応できるようになります。
ポイントは嘘をつかないことです。
税務署はあなたのすべてを調べあげてきていますので嘘がわかると多額の追徴課税を課されることになります。

税務調査の当日に聞かれること

STEP 3 税務調査が終わった後の対応

国税庁が発表しているデータを見ると、税務調査の結果、10人に1人が追徴課税を課されています。
この数字を見るとあなたも追徴課税を受ける可能性は否定できません。
しかし税務調査の結果に明らかな誤りがある場合もありますので、調査結果の確認も必須です。

調査が終わった後にできること

はじめての相続

相続をどのようにすすめたらいいのか?必要な資料はなにか?

相続が発生した方のために相続の全体像と集めるべき資料、絶対に使っておきたい節税に必須の特例などすべての情報を無料で公開。

相続は人生で何度も起こることではなく、また一度経験があったとしても前回の相続から時間がたっているために覚えていないことがほとんど。

専門知識が多く、わかりづらい相続について、はじめての方もわかるようにできるだけかみ砕いて説明しました。

はじめての相続をご覧いただけましたら

  • 相続税申告の全体のながれと進め方
  • 明日からすぐにできる必要な資料と集め方
  • 節税に必須の特例の種類と使用方法。土地、債務、株式など。
  • 安心して相続を任せることができる税理士の見分け方

これらの知識が身に付き、相続を全く知らないゼロの状態でも、明日から相続税の申告のために動き出すことができます。

「はじめての相続税」をみる

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145