非上場株式(取引相場のない株式)の相続税評価のすべて

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

非上場株式(取引相場のない株式)の相続税評価のすべて

あなたが相続した非上場株式はどれほど相続税がかかるのか、あなたは一体いくら支払うべきなのかを知るためには、大きく3つの手順を踏んで初めてわかります。

1. 相続した非上場株式の評価方式を決定する
2. 会社の情報を整理し、評価で必要となる数字をまとめる
3. 評価方式に沿って、相続税評価額を算出する

1つ1つを理解して丁寧に計算していけるように、それぞれを細かくご説明しています。

記事を最初から見ていけば、あなたは相続した非上場株式で支払うべき相続税を求めることができます。

STEP 1非上場株式の評価方式の決定

非上場株式の評価方式は何かを決める

非上場株式の評価を求めるためには、まず被相続人が大株主だったか、少数株主だったかの見極めからスタートします。それによって、評価方式がきまり、具体的な計算ができるようになります。

非上場株式の評価方式の決定

STEP 2非上場株式の評価に必要な事項をまとめる

非上場株式は”どのような”評価をするのか?

非上場株式の評価は、誰が、どれくらい、株をもっているのか等の要因で評価方法が変わってきます。あなたの相続した非上場株式がどの種類の非上場株式にあたり、どのような評価をしなければいけないのか、判定の選別方法をご説明します。

非上場株式の評価方法を判定する

STEP 3非上場株式の具体的な評価方法

非上場株式を評価する

あなたが相続した非上場株式を評価する方法を実務に基づいた経験を元に具体的にお教えします。

非上場株式の評価方法

はじめての相続

相続をどのようにすすめたらいいのか?必要な資料はなにか?

相続が発生した方のために相続の全体像と集めるべき資料、絶対に使っておきたい節税に必須の特例などすべての情報を無料で公開。

相続は人生で何度も起こることではなく、また一度経験があったとしても前回の相続から時間がたっているために覚えていないことがほとんど。

専門知識が多く、わかりづらい相続について、はじめての方もわかるようにできるだけかみ砕いて説明しました。

はじめての相続をご覧いただけましたら

  • 相続税申告の全体のながれと進め方
  • 明日からすぐにできる必要な資料と集め方
  • 節税に必須の特例の種類と使用方法。土地、債務、株式など。
  • 安心して相続を任せることができる税理士の見分け方

これらの知識が身に付き、相続を全く知らないゼロの状態でも、明日から相続税の申告のために動き出すことができます。

「はじめての相続税」をみる

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145