相続時精算課税適用者が特定贈与者よりも先に死亡した場合

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続時精算課税適用者が特定贈与者よりも先に死亡した場合 -2011/06/27-

関連キーワード:

前回に引き続き、今回も、相続時精算課税制度に関わる論点です。

特定贈与者の死亡以前に、当該贈与に係る相続時精算課税適用者が死亡した場合には、相続時精算課税適用者の相続人(包括受遺者を含む。)は、相続時精算課税適用者が有していたこととされる相続時精算課税に伴う納税に係る権利又は義務を承継します。

また、相続時精算課税適用者の相続人が2人以上いる場合には、各相続人が納税額又は還付税額については、民法に規定する相続分により按分して計算した金額とされます。その際、相続時精算課税適用者の相続人の中に特定贈与者がいる場合には、特定贈与者がいないものとして計算した相続分を使用します。

※1相続時精算課税(国税庁HP参照)

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:向かいの土地がセットバック出来ない場合の土地評価について

【前の記事】:相続時精算課税の適用を受けようとする者が届出書の提出前に死亡した場合

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306