絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸の相続税評価の方法

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸の相続税評価の方法 -2016/02/17-

関連キーワード:

column160217com

絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸の相続税評価の方法

基本的に相続税の計算において、財産的価値があるものは全て相続税の課税対象となります。絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸も例外ではありません。

しかし絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸等の正確な財産的価値(=時価)を測定することは容易ではありません。

実務上はどのように評価するかといいますと、やはりその道に詳しい専門家に鑑定をしてもらうことになります。通常、絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸等の古美術品の鑑定は鑑定料が必要となるケースもありますが、正確な評価を知っておくという意味でもお願いするとよいでしょう。

また相続税評価額が高くなるようなケースでは、複数の鑑定をとることで相続税評価額を下げることができるかもしれません。

絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸は税務署にばれるか?

またなかには絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸は情報が表に出ていないから、相続税申告の対象としなくても税務署は分からないだろうと思われる方も多いと思います。

しかし絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸等を購入した場所が、デパートや有名な画廊等であれば購入時の書類が税務署に流れている可能性もあります。

実際に私も相続税の税務調査で調査官が30年も前にあるデパートで購入した絵画の購入時の書類を見せて、該当する絵画があるはずだと指摘してきたことがありました。絵画・書画・骨董品・壺・掛け軸が表に出ていない情報だからといって安易に考えて相続税申告から外してしまいますと、後々の追徴課税の元になる可能性もあるため注意しましょう。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:マンションの相続税評価方法と節税対策を税理士が徹底解説

【前の記事】:生命保険金は遺留分の対象になる

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306