遺言編|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続大辞典

相続法務編

遺言編

    遺言書の種類や作成方法について
    今回は遺言書の種類や作成方法を説明します。 遺言書は、『自筆証書遺言』と『公正証書遺言』の2種類があります。(左記以外に『秘密証書遺言』という種類もありますが、一般的ではないため割愛します) まずは、自筆証書遺言から説明していきます。 自筆証書遺言は […]
    公正証書遺言のメリット
    公正証書遺言のメリット 遺言の方式に3つの方式があります。 「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」。 確実に遺言内容を実現するためには、公正証書遺言が最も適しています。 多くの専門家は公正証書遺言をすすめています。 その理由は次の通りです。 […]
    遺留分の生前放棄
    遺留分の生前放棄 遺言書を遺したとしても、相続人の権利は「遺留分」により保護されます。 しかし、遺留分がかえってトラブルになることもあります。 相続権は生前放棄できませんが遺留分は生前放棄が可能です。 「遺留分」という考え方が時代に合わなくなってきて […]
    遺留分の時効・請求手続き
    遺留分の時効・請求手続き まるでドラマのような話ですが、「全ての財産を愛人に相続させる」、こんな遺言をされたらどうすれば良いのでしょうか。 残された相続人の生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。 この点、民法は、相続人に遺言によっても侵害することが […]
    自筆証書遺言の家庭裁判所での検認
    自筆証書遺言の家庭裁判所での検認 自分にとって不都合な内容が書かれていないか心配で、相続人の中の1人が勝手に遺言書を開封してしまうような場合も実際にあります。 遺言書の保存を確実にして後日の変造や隠匿を防ぐためには、遺言書の開封は、証人がいる家庭裁判 […]
    遺言と異なる遺産分割の可否
    遺言と異なる遺産分割の可否 「遺言」には絶対的な効力があります。 ただし、実際には遺言とは異なった形での遺産分割も行われています。 相続人全員の合意があれば遺言に反する遺産分割協議も有効に成立します。 民法は、原則として、被相続人と一定の親族関係にあ […]
    遺言を書きましょう
    相続が起きたときの一番悲しい出来事は、残された相続人である妻や子供たちの間で争いが起きることではないでしょうか。このときに遺言者が亡くなるまでは相続人の仲はよかったが、いざ亡くなられて財産があることが分かると,相続人の中には態度を変える人もいます。し […]
    遺言執行者の解任方法
    遺言執行者の解任方法 遺言執行者の解任方法として、まず理解しておきたいのが遺言執行者行うことが出来る相続手通きの中に被相続人の銀行口座の管理や不動産に関しての相続の指示を遺書によって行うことが可能になります。 遺書に書いてある遺言執行者の指定に決めら […]
    遺言執行者の業務範囲
    遺言執行者の業務範囲 遺言執行者の業務範囲として基本的には遺書の内容によって手続きを進めていくことになります。 銀行預金の名義変更から証券会社での解約手続、被相続人が所有していた株式の名義変更手続などを行うことが可能になり、相続においてのリーダーシッ […]
    秘密証書遺言の作成方法
    秘密証書遺言の作成方法 秘密証書遺言の作成方法として、まず理解しておきたいのが秘密証書遺言はパソコンや代理人が作成しても被相続人が署名することが大前提です。 被相続人の方は相続できる財産をしっかり認識してどのようなもの、権利が相続の対象になるのかを本 […]

    1  2  3  4  ...  6  次の10件へ>>


    キーワード検索

    入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

    ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145