民法一般編|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続大辞典

相続法務編

民法一般編

    相続放棄と相続税の2割加算の関係
    相続放棄と相続税の二割加算の話です。 相続税は下記以外の人に課税される場合には、二割加算して相続税を納める必要があります。 ・一親等の血族(親又は子)・配偶者 兄弟が相続する場合や第三者等が遺贈により財産を取得する場合には、偶然性が強いことから等の理 […]
    養子縁組による相続税の節税について
    養子には普通養子と特別養子がありますが、実例が少ない特別養子については割愛します。 養子縁組すると相続税の節税が出来ると一般的に言われていますが、その理由を考えてみたいと思います。 まず、基礎控除額が養子1人につき600万円増えます。また、養子により […]
    非嫡出子と嫡出子の相続分
    非嫡出子と嫡出子の相続分 非嫡出子(婚姻関係のない男女間で生まれた子)の相続について、大変注目が集まっています。 民法では、同じ子供でも、嫡出子(婚姻関係のある男女間で生まれた子)と非嫡出子に区別を設けています。 「子」は同じ父の子として嫡出子・非嫡 […]
    「単純承認」「限定承認」「相続放棄」
    「単純承認」「限定承認」「相続放棄」 相続は遺産をもらえるだけではなく、借金も譲り受けることになります。 通常の相続は「単純承認」ですが、明らかに負債が大きいなら「相続放棄」を選択できます。 民法は、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知 […]
    相続の対象となる財産の種類
    相続の対象となる財産の種類 相続の対象となる財産はどのようなものがあるか、これを知らないと、返済できない負債まで相続してしまうことにもなりかねません。 また、相続の対象とならない財産を知っていれば、これをうまく利用する方法もあります。 民法は、「相続 […]
    法定相続人になれる人・なれない人
    法定相続人になれる人・なれない人 相続は「被相続人の死亡」をきっかけに始まります。 相続手続きでは、そもそも誰が相続人になるかという相続人の確定がはじめの第一歩となります。 誰が法定相続人になれるのかについては民法で詳細に規定されています。 相続につ […]
    法定相続分
    法定相_続分とは、民法で定められている分割基準を示したものです。 基本的なパターンを分かりやすい図に示すと以下のとおりです。 なお配偶者は必ず相_続_人となります。 子は、被相_続_人である親と法律上の親子関係があれば、実子・養子、嫡出子・非嫡出子の […]
    「単純承認」「相続放棄」「限定承認」、3つの方法
    相続をするかどうかは選べる 「うちには大した財産もないから相続なんて関係ない」、そう思っている方もいらっしゃるでしょう。 しかし、相続によって引き継がれるのはプラスの財産だけではありません。 借金などの負の財産である「義務」も引き継がれます(民法89 […]
    どんな財産が相続の対象になるの?
    基本的にすべてが相続される 「相続」とは、亡くなった人の権利や義務などを故人と親族関係があった人に引き継がせることをいいます。 では、誰かが亡くなった場合に相続されるのは、どんな財産でしょうか。 この点について民法は、「被相続人(故人のこと)の財産に […]
    相続で請求できる割合
    相続で請求できる割合 遺産を相続するにあたって、戸籍上の配偶者であれば、常に遺産の相続人となります。 相続人においても順位が定められており、第一順位は「子」で、代襲相続の場合は孫にあたります。 第二順位は直系尊属となる「父母」、父母がいない場合には祖 […]

    1  2  3  4  5  次の10件へ>>


    キーワード検索

    入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

    ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145