年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

非嫡出子を死後認知する方法

非嫡出子を死後認知する方法

非嫡出子を死後認知する方法

父が死亡しても死亡から3年以内であれば認知の訴えを起こすことが可能になります。

このことは民法の787条で参照されています。

また被相続人は遺言で認知をすることも可能です。

認知された子供に発生する相続分については被相続人が死亡した後に認知によって相続権が発生します。

他の共同の相続人の方で遺産分割協議を進めている時にはストップし、遺産の相続は続行出来なくなります。

未成年者の時には特別代理人

特別な代理人を選任して、その特別な代理人を含めた相続人全員で協議を行います。

未成年者の方で両親の方が特別代理人になることが望ましいですが、両親も相続人になっている、又はその権利がある時には特別代理人としての権利を失うことになります。

十分に注意して相続の権利を確認してから特別代理人の選抜を行いましょう。

未成年者の時にはすでに申請を受けてから家庭裁判所への提出を行いますので、非常に時間がかかります。

特別代理人として認められないときには、選任をやり直しになる事もありますので、自分で十分に確認して手続きを行っていきましょう。

相続権があるが精神や身体的に異常があり、遺産分割協議に参加できない相続人には特別代理人の必要性があります。

同じように相続権のない身内の方が相続に関する手続きを代理で行っていきますので、手続きも慎重に行いましょう。

また家庭裁判所への申請も必要になります。

この時血の繋がらない第三者が特別相続代理人になる事も可能です。

信頼できる、又は安心して任せることが可能な代理人を見つけることが大切です。

知識や交渉能力が求められますので、十分に代理人の選択も慎重に行っていくことをおススメします。

手続きの確認

非嫡出子を死後認知を確認するには、早期の手続きを行っておくことをおススメします。

3年間と決められていますが、この3年間の間に行わないと無効になります。

遺書がある時には遺書に従っての相続を行います。

そのため遺書が非嫡出子を死後認知に役に立ちますので、遺書を大切に保管しておきましょう。

分からないことについては専門家の知識が必要になりますので相談してどのように解決できるのかを細かく確認してください。

すべて法的な手続きを行いますので、自分で調べて、的確な措置を行っていくことが求められます。

相続の際にはお互いの相続人が納得した状態でないと遺産分割協議を進めていくことが出来ません。

そのためしっかりと自分なりに手続きを行えるように慎重に手続きを進めます。

関連性が高い記事

一親等の血族とは

一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]

相続代理人とは

相続代理人とは 相続代理人とは、本人が未成年者や成年被後見人など特定の身分を持ち手続きが行えない場合に、本人に代わり法律行為を行う者を言います。 この相続代理人は法律により代理権を有します。 相続における代理人が行う法律行為の例としては、相続人が未成 […]

相続分不存在証明とは

相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る