相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

非嫡出子を死後認知する方法

非嫡出子を死後認知する方法

父が死亡しても死亡から3年以内であれば認知の訴えを起こすことが可能になります。

このことは民法の787条で参照されています。

また被相続人は遺言で認知をすることも可能です。

認知された子供に発生する相続分については被相続人が死亡した後に認知によって相続権が発生します。

他の共同の相続人の方で遺産分割協議を進めている時にはストップし、遺産の相続は続行出来なくなります。

未成年者の時には特別代理人

特別な代理人を選任して、その特別な代理人を含めた相続人全員で協議を行います。

未成年者の方で両親の方が特別代理人になることが望ましいですが、両親も相続人になっている、又はその権利がある時には特別代理人としての権利を失うことになります。

十分に注意して相続の権利を確認してから特別代理人の選抜を行いましょう。

未成年者の時にはすでに申請を受けてから家庭裁判所への提出を行いますので、非常に時間がかかります。

特別代理人として認められないときには、選任をやり直しになる事もありますので、自分で十分に確認して手続きを行っていきましょう。

相続権があるが精神や身体的に異常があり、遺産分割協議に参加できない相続人には特別代理人の必要性があります。

同じように相続権のない身内の方が相続に関する手続きを代理で行っていきますので、手続きも慎重に行いましょう。

また家庭裁判所への申請も必要になります。

この時血の繋がらない第三者が特別相続代理人になる事も可能です。

信頼できる、又は安心して任せることが可能な代理人を見つけることが大切です。

知識や交渉能力が求められますので、十分に代理人の選択も慎重に行っていくことをおススメします。

手続きの確認

非嫡出子を死後認知を確認するには、早期の手続きを行っておくことをおススメします。

3年間と決められていますが、この3年間の間に行わないと無効になります。

遺書がある時には遺書に従っての相続を行います。

そのため遺書が非嫡出子を死後認知に役に立ちますので、遺書を大切に保管しておきましょう。

分からないことについては専門家の知識が必要になりますので相談してどのように解決できるのかを細かく確認してください。

すべて法的な手続きを行いますので、自分で調べて、的確な措置を行っていくことが求められます。

相続の際にはお互いの相続人が納得した状態でないと遺産分割協議を進めていくことが出来ません。

そのためしっかりと自分なりに手続きを行えるように慎重に手続きを進めます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税申告は初めての事でしたので不安でいっぱいでしたが、 担当の方がわかりやすく説明して下さり、安心してお任せしようと思いました。 後からわからない事で何度か電話をかけた際には、とても丁寧に対応していただきました。 本当にありがとうございました。

職員の対応について、時間外でもメール対応が早く助かりました。 さらに、申告について予定の1ヶ月以上前に出来て良かったです。

とても親切にして頂き感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る