相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

単純承認とは

単純承認とは

単純承認とは、被相続人の財産をプラスマイナスに関わらずすべて相続する方法のことです。

一般的には、遺産相続において一番多く取られる方法です。

単純承認する為に手続きをすることは特に必要ありません。

そのまま相続すればよいのです。

しかし、被相続人の財産内容の詳細を確認せずに単純承認するというのは非常に危険の多いことであることを十重承知しなければいけません。

よって、相続が開始した際には相続財産目録を作成し、相続財産の概要をしっかりと確認しましょう。

相続財産の内容を確認せずに相続開始から3か月以上たってしまえば、もしその後に借金があることが分ったということが発生しても限定承認や相続放棄ができません。

そのまま借金を返済しなければならなくなります。

しかし、債権者の悪意で故意に3か月以上経過した後に借金の存在を知らされた場合などは、家庭裁判所に限定承認や相続放棄が認められる場合もあります。

民法では、単純承認をしたとみなされる項目を以下のように定めています。

まず、相続人が相続財産の一部でも既に処分をした場合。

また、相続開始を知ってから3か月以内に相続人が限定承認または相続放棄の申し立てをしなかった場合。

そして、限定承認または相続放棄をした後であっても、相続人が相続財産の一部でも隠匿していたり、財産目録に記載していなかった場合です。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る