年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

単純承認とは

単純承認とは

単純承認とは

単純承認とは、被相続人の財産をプラスマイナスに関わらずすべて相続する方法のことです。

一般的には、遺産相続において一番多く取られる方法です。

単純承認する為に手続きをすることは特に必要ありません。

そのまま相続すればよいのです。

しかし、被相続人の財産内容の詳細を確認せずに単純承認するというのは非常に危険の多いことであることを十重承知しなければいけません。

よって、相続が開始した際には相続財産目録を作成し、相続財産の概要をしっかりと確認しましょう。

相続財産の内容を確認せずに相続開始から3か月以上たってしまえば、もしその後に借金があることが分ったということが発生しても限定承認や相続放棄ができません。

そのまま借金を返済しなければならなくなります。

しかし、債権者の悪意で故意に3か月以上経過した後に借金の存在を知らされた場合などは、家庭裁判所に限定承認や相続放棄が認められる場合もあります。

民法では、単純承認をしたとみなされる項目を以下のように定めています。

まず、相続人が相続財産の一部でも既に処分をした場合。

また、相続開始を知ってから3か月以内に相続人が限定承認または相続放棄の申し立てをしなかった場合。

そして、限定承認または相続放棄をした後であっても、相続人が相続財産の一部でも隠匿していたり、財産目録に記載していなかった場合です。

関連性が高い記事

一親等の血族とは

一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]

相続人同意書とは

相続人同意書とは 相続発生後、故人の遺産や負債を分けるにあたっては、様々な場面で相続人の同意書が必要となるケースがあります。 現在の民法においては、故人が残された遺産・負債いずれもが相続人の意思に関わらず、すべて包括承継されることとなっています。 そ […]

相続代理人とは

相続代理人とは 相続代理人とは、本人が未成年者や成年被後見人など特定の身分を持ち手続きが行えない場合に、本人に代わり法律行為を行う者を言います。 この相続代理人は法律により代理権を有します。 相続における代理人が行う法律行為の例としては、相続人が未成 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る