法定相続人でない孫が遺贈を受けた賃貸駐車場(土地)の預り敷金について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

法定相続人でない孫が遺贈を受けた賃貸駐車場(土地)の預り敷金について

Q.法定相続人でない孫が遺贈を受けた賃貸駐車場(土地)の預り敷金について

遺言公正証書に基づき法定相続人でない孫が賃貸駐車場(土地)の遺贈を受けました。その賃貸に係る預り敷金はその孫の債務控除になるのでしょうか。
債務は基本的には法定相続人に法定割合で分けるものだと思いますが、預り敷金は判例・通説で物件の取得者が引継ぐともあります。
ちなみに、本件の法定相続人は子2人です。
よろしくお願いいたします。

A.敷金相当額の預金の相続ついての記載が無い場合には

ご質問の件について回答致します。

預り敷金について、民法上は賃貸物件に付随して賃貸人としての被相続人の地位を承継する者が、賃貸物件と合わせて敷金返還義務も負担承継することが一般的と考えられます。

ただし、本件の遺贈が特定遺贈である場合、法定相続人以外の者については債務控除の規定の適用は無いことから、遺言書に預り敷金の負担、敷金相当額の預金の相続についての記載が無い場合には、敷金相当額を相続財産から控除できない可能性があることにご注意ください。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
掛捨て型の損害保険はどのように評価する?
Q.掛捨て型の損害保険はどのように評価する? 掛捨て型の火災保険と自動車保険に被相続人が契約しておりました。掛け捨て型ではあるものの、保険料を一時払いしていたため、解約返戻金があることがわかりました。実際、契約者の名義変更をして同じ保険に入り続けてお […]
「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ
Q.「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ ①無申告の状態の方が、期限後申告をする場合に、当然表記の見込書も未提出な訳ですが、この場合期限後申告で「小規模宅地の特例」を受けるためにはどうすればいいですか? ②また、単に分割見込書の添付を失念して […]
相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例
Q.相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例 相続人2名とも非居住者です。 長男アメリカ在住10年(長期出張)、次男タイ在住3年(長期出張)。 被相続人 父 国内在住で相続発生しました。 被相続人が5年以上国外に居住していないので、小規模宅地等、通常 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145