相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ

Q.「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ

①無申告の状態の方が、期限後申告をする場合に、当然表記の見込書も未提出な訳ですが、この場合期限後申告で「小規模宅地の特例」を受けるためにはどうすればいいですか?
②また、単に分割見込書の添付を失念してしまい、後日(申告期限後)に、しれ~と提出した場合、この届出は有効ですか?(申告期限までの提出要件はないのかと・・・)

以上、論点は同じと思われますが、ご教授お願いします。

A.【期限後申告の場合の小規模宅地等の特例】

ご質問いただきました事項につきまして、ご回答申し上げます。

【期限後申告の場合の小規模宅地等の特例】
措法第69条の4第6項に、期限後申告についても小規模宅地等の特例の適用がある旨が記載されております。
また、措法第69条の4第4項に、申告期限から三年以内に分割された場合には小規模宅地等の特例の適用がある旨が記載されております。
従いまして、申告期限から3年以内の期間につきましては、無申告であっても決定があるまでの間は当該既定の適用を受けることができます。
手続きは、通常の期限内申告と同様です。

【分割見込書の失念について】
措法第69条の4第7項に、相続税の申告書の提出があった場合において、分割見込書の添付がなかったときは、税務署長がやむを得ない事情があると認めるときは当該既定の適用があることとされます。
従いまして、特段の理由なく分割見込書を遅れて提出した場合には、当該既定の適用を受けることができないと考えられます。

以上となります。
ご確認をお願い致します。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る