相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続税申告【税理士報酬】

税理士報酬【料金表】

画像

税理士法人チェスターの報酬は明朗会計です。
税理士業界の中で報酬額は自由に料金を設定することが可能ですが、一般的には遺産額の0.5%~1%が相場とされており、チェスターもこの相場内で高品質な申告業務をご提供しております。

基本報酬 (※国際相続に関するプランはこちらをご覧下さい ››

遺産総額 報酬額 TV会議面談割引
5千万円 25万円
(税込27.5万円)
オンライン面談にてご契約頂いたお客様に、報酬総額より一律5万円(税込)の割引をさせて頂きます。
5千万円7千万円 40万円
(税込44万円)
7千万円1億円 50万円
(税込55万円)
1億円1億5千万円 65万円
(税込71.5万円)
1億5千万円2億円 80万円
(税込88万円)
2億円2億5千万円 100万円
(税込110万円)
2億5千万円3億円 120万円
(税込132万円)
3億円4億円 150万円
(税込165万円)
4億円5億円 180万円
(税込198万円)
5億円 無料簡易試算レポート作成の上、別途お見積り
TV会議面談割引
オンライン面談にてご契約頂いたお客様に、報酬総額より一律5万円(税込)の割引をさせて頂きます。

※ 基本報酬算定の基礎となる遺産総額とは、プラスの財産の総額のことであり、借入金等の債務、小規模宅地の特例、配偶者控除、生命保険非課税枠等の控除を行う前の遺産総額となります。


加算報酬

土地(1利用区分につき)
6万円
(税込6.6万円)
非上場株式(1社につき)
15万円
(税込16.5万円)
相続人が複数の場合(2名以上の場合)※1
上記基本報酬額×10%×(相続人の数-1)

※1 : 加算報酬の対象は4名までです。5名以上の場合は加算対象となりません。

その他の報酬

ご依頼日が申告期限より3ヶ月以内の場合 ⇒ 別途、報酬総額の20%~50%がかかります

税務調査立会報酬(申告後に税務調査があった場合) ⇒ 日当 55,000円(税込)

書面添付についての意見聴取のみの場合 ⇒ 日当 27,500円(税込)

未分割で申告後に、追加で修正申告書の作成が必要な場合 ⇒ 別途お見積り

現地調査や訪問の際の旅費・交通費等の実費

戸籍や金融機関残高証明書等の資料の取得代行をご依頼頂いた際の手数料及び実費

その他、特殊事情により調査・検討が必要で、通常よりも多くの作業が生じるような場合

(過去に預金移動が多数ある場合の通帳調査、非上場株式の会社規模が大きい等)

には、別途お見積りの上で報酬が必要となります。

消費税は別途必要となります。

【カンタン!4項目】税理士報酬シミュレーション

以下の各項目にお客様の遺産総額、相続人の人数、土地の数、非上場株式の数を入力して頂くと、チェスターへ申告業務をご依頼頂いた場合の報酬費用が算出されます。

基本報酬

詳細はこちら

遺産総額 0円(税込)
加算報酬 相続人の数 0円(税込)
土地の数 カ所 0円(税込)
非上場株式の数 0円(税込)
見積額合計(税込)
0

※申告期限まで3か月を切っている場合、報酬総額の
20~50%が加算されます。
詳しくはお問い合わせにてご確認をお願い致します。

金額は概算なので、詳細なお見積り金額をご希望の場合はメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

※加算報酬の対象は4名までです。5名以上の場合は加算対象となりません。

相続税も計算して、合計でいくらの支出が発生するか計算!

税理士報酬と相続税それぞれの金額は把握していても、トータルでいくらの支出になるのかを把握していないと思わぬ出費に繋がりかねません。全体で一体いくらになるのかを把握することが大切です。
相続税額はあくまで一般的な計算に則った場合ですが、相続税専門の税理士法人チェスターの場合はこの一般的に算出された相続税を抑えることはもちろん、税務調査の対策も徹底した高品質な申告業務をご提供致します

おおよその遺産総額は
どのくらいですか?

(基礎控除控除前の課税価格合計)

万円

現預金の他、土地、有価証券、借地など被相続人の全ての遺産を含みます。

被相続人に配偶者はいますか?

(「被相続人」とは亡くなられた方です)

配偶者の遺産取得割合
配偶者以外に法定相続人はいらっしゃいますか?
法定相続人の人数(配偶者を含む)
相続税額合計
0
万円
画像 画像 画像
配偶者の控除特例を使うと…
0
万円
相続税額合計
0
万円
税理士報酬額(税込)
0
万円
概算合計
0
万円

【相続税額の計算の前提】

・令和1年11月現在の法律を基に計算をしております。

・遺産総額の金額は、各種特例や非課税枠及び債務控除等を控除済みの課税価格の金額としています。

・障害者控除、未成年者控除等の税額控除や2割加算は考慮できません。

・この計算結果の利用により利用者または第三者に生じた損害や不利益について一切その責任を負いません。

相続発生後でも節税可能な事例をご紹介! »

相続税が0円なら申告は不要?思わぬ落とし穴に要注意!

配偶者の控除や何かしらの特例を適用したことにより、
相続税が0円となった場合でも相続税の申告はしなければならないケースがあります。
税務署は特例や控除を適用して基礎控除以下や納税額が0円となったのかどうかの判断をつけるには相続税申告で判断をするしかありません。

申告をしないでいると相続税未払いと判断され、追徴課税を支払う可能性が出てきますので、注意が必要です。
詳しくは動画でも説明しているのでご確認ください。

相続発生後の節税も含めて詳細なご相談はこちら▼

無料面談のご予約は
こちらから

税理士報酬の内容もチェック!チェスターの相続税申告プランは安心の高品質

基本報酬』とは?
チェスターの相続税申告に含まれているもの

  • ・財産評価・財産目録の作成
  • ・節税を考慮した遺産分割案のご提案
  • ・遺産分割協議書の作成
  • ・書面添付制度を適用した相続税申告書の作成・提出

相続税申告プランの詳細はこちら ››

土地の評価こそ節税ポイント!
チェスターの相続税申告は自信があります

  • ・難解な形状など節税ポイントを見逃さないノウハウとスキル!
  • ・税務調査率0.5%を叩き出せる申告書作成
  • ・申告書作成実績1500件以上/年

さらに詳細なチェスターの強みはこちら ››

チェスターに相続税申告を依頼する5つのメリット

多くの人は相続税申告報酬を比較検討すると思いますが、なるべく安いところへ依頼したいと思いますよね。
では申告報酬にはどんなサービスが含まれているのか、申告書の作成が確かにできる税理士なのか改めてチェックし、比較検討してみて下さい。
ここでは税理士法人チェスターに相続税申告を依頼するメリットについてご紹介します。

1.チェスターは「相続税」を専門としている税理士事務所

画像

例えば骨折をして医者へ診てもらったとき、外科医ではなく産婦人科医に診てもらった場合、専門分野ではないので、
本当に治せる知識と技術があるか不安になりませんか?
税理士も医者と同じで専門分野が細かくあるため、「相続税申告」も税理士なら誰もができるわけではありません。
税理士法人チェスターは開業当時から「相続税」に特化している税理士事務所なので、質の高い申告書作成ができます。

2.相続税申告実績は年間1,500件以上

一人当たりで換算すると、チェスター在籍の税理士なら年間34.5件ほど相続税申告を行っております。
(※相続税申告件数:1,519件、税理士:44名。令和2年度実績。)
一般的に税理士が相続税申告をする件数は一人あたり年間で約1.5件。
(※相続税申告件数:115,267件、税理士:79,293名。令和元年度実績。)
さらにすべての税理士が必ず相続税申告を経験しているわけではないので、実務経験がほぼ無いに等しい税理士に大切な遺産の相続税申告をお任せするのは少し不安ですよね。
チェスターではこなしている件数だけではなく、複雑な状況や申告期限1ヶ月を切っている場合など様々なケースの申告書を1件1件丁寧に仕上げている実力派集団です。

3.税務調査の確率は一般的に10%※1でもチェスターならわずか0.5%

チェスターでは書面添付制度を設けることにより、税務調査に入られる確率を低減させる工夫を行っております。
この書面を添付することにより、申告漏れは無いということを税理士が確認したという保証をするような効果があり、
税務調査が行われる確率が低くなるというメリットがあります。
チェスターでは基本報酬の中に書面添付が含まれているので、追加料金を頂くこと無く、質の高い申告書を作成できます。
※1:平成30年度における税務調査件数:12,463件。平成29年度相続税申告件数:143,881件。よって、一般的に12,463件÷143,881件=約10%の確率。

4.土地の評価も最大限削減できるノウハウ

画像

「税理士が10人いれば10通りの評価がある」と言われる土地評価ですが、チェスターならこれまでのノウハウを元に均一で適切な評価を行うことが出来ます。
また、これまでに直面した難解な土地の評価方法についてもHP上に公開し、多くの税理士に役立ててもらえるよう情報を提供しております。

5.チェスターの在籍スタッフなら誰でも質の高い申告が可能

相続税申告ができる税理士はごく一部、または所長のみ…という事務所が存在しますが、
チェスターは相続専門の税理士事務所なので、誰でも実績に伴った質の高い申告書を作成しております。
細かなヒアリングや抜け漏れ防止のチェック体制、社内でのノウハウ共有が整っているからこそ、
お客様にご納得いただけるサービスを提供できていると考えております。

【動画で分かる!チェスターの申告が高品質な理由】

相続税申告は「税理士選び」が重要

画像

相続税申告手続きを多く行なっている事務所は、それだけ申告を効率的にこなすノウハウを持っています。
いわゆる規模の経済が働きます。 効率的にこなすことができればそれだけ、早くしかも低価格で高品質なサービスを提供することが可能となります。
また、相続税専門の事務所である税理士法人チェスターの場合、相続税申告に必要な資料の準備ガイドなどのツールも充実しているため、お客様のご負担をできるだけ減らすことが可能となっています。

相続税専門の税理士の選ぶ際の見極めポイント »

お客様の状況に応じた対応【相続税申告業務】

相続登記もチェスターグループにおまかせのプランあります画像

相続の際に土地などの不動産も相続されるケースは多くあり、新たに司法書士を探す手間が出てきてしまいます。
税理士法人チェスターでは、相続に関する業務をグループで連携して行っているため、ワンストップで相続のご相談をして頂くことが可能です。
相続税申告と併せてご依頼頂く場合でも、相続登記のみのご依頼でもお気軽にご相談ください。

相続手続きサービスの詳細はこちらをご覧ください »

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る