相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例

Q.相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例

相続人2名とも非居住者です。
長男アメリカ在住10年(長期出張)、次男タイ在住3年(長期出張)。
被相続人 父 国内在住で相続発生しました。

被相続人が5年以上国外に居住していないので、小規模宅地等、通常の居住者として適用してよろしいでしょうか?
その他注意すべきところありますでしょうか?

A.今回の場合、相続人両名が非居住無制限納税義務者となります。

ご質問の件について回答いたします。

今回の場合、相続人両名が非居住無制限納税義務者となります。 小規模宅地等の特例につきましては、取得者ごとに適用要件がございますので 取得される相続人様が適用要件に当てはまるかどうかが重要となります。 基本的には居住者と同様の要件ですが、特定居住用宅地等の要件のみ注意が必要です。

今回相続人は2名で、両名とも海外にお住まい(同居されていない)とのことですので 特定居住用宅地等の特例をご自宅敷地にお使いになる場合は、以下の要件すべてを 満たす必要がございます。

1)相続開始前3年以内に日本国内にある自己又は自己の配偶者の所有する家屋に居住したことがないこと
2)その宅地等を相続税の申告期限まで有していること
3)相続開始の時に日本国内に住所を有していること、又は、日本国籍を有していること

また、非居住無制限納税義務者は、居住無制限納税義務者と同様に 海外にある財産を取得した場合も相続税の課税対象となりますので ご注意ください。

どうぞ宜しくお願い致します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の手続に関して滞り無く進めて頂いただけではなく、不動産の売却についても対応して頂いた。 結果的に不動産について依頼はしなかったが、他のルートの方が高く売れそうだった時に、無理に介入せず条件がいい方を勧めてくれた。

相続という初めてのことで不安も大きかったのですが、チェスターさんのわかり易い説明と資料でスムーズに事が運びました。 また、細かい事に関してもメールのやりとりで迅速に対応して頂き、ストレスなく完了することができました。

1年で2回の相続が発生し、被相続人2人の間に存在する債権債務関係を相続税の申告にあたってどのように整理するかなど、こちらの話をよく聞いて処理していただきました。 2次(3次?)相続も念頭に、どのように遺産分割することが有効なのかもよく検討していただき […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る