相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

家庭用財産をゼロで申告してまずいでしょうか?

Q.家庭用財産をゼロで申告してまずいでしょうか?

電話加入権や車の名義は私です。目立った家庭用の財産は何もありません。電化製品も私が購入したものです。

A.計上すべき財産が無いのであればゼロで申告をされても問題はありません

家庭用財産をゼロで申告することの可否についてですが、
計上すべき財産が無いのであればゼロで申告をされても問題はありません。

国税局が公表をしている『相続税申告のためのチェックリスト』というものがあるの
ですが、その中には『家庭用財産の計上漏れはありませんか』というチェック項目があります。

このことからも課税当局は家庭用財産の計上について軽視していないことがうかがえます。

・細かい部分も計上することで、申告書自体の印象がよくなること
・仮に価値がある財産であった場合に、隠したのではなく評価間違いだったという主張が可能であること

上記により、全く家庭用財産が無いという場合を除いては、ゼロにすべきではない考えます。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る