相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

家庭用財産をゼロで申告してまずいでしょうか?

Q.家庭用財産をゼロで申告してまずいでしょうか?

電話加入権や車の名義は私です。目立った家庭用の財産は何もありません。電化製品も私が購入したものです。

A.計上すべき財産が無いのであればゼロで申告をされても問題はありません

家庭用財産をゼロで申告することの可否についてですが、
計上すべき財産が無いのであればゼロで申告をされても問題はありません。

国税局が公表をしている『相続税申告のためのチェックリスト』というものがあるの
ですが、その中には『家庭用財産の計上漏れはありませんか』というチェック項目があります。

このことからも課税当局は家庭用財産の計上について軽視していないことがうかがえます。

・細かい部分も計上することで、申告書自体の印象がよくなること
・仮に価値がある財産であった場合に、隠したのではなく評価間違いだったという主張が可能であること

上記により、全く家庭用財産が無いという場合を除いては、ゼロにすべきではない考えます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

・事務所に伺わずとも、郵便や電話で丁寧に連絡をいただけた。 ・依頼者の利益を優先して処理を進めて下さり、質問や相談に親切・丁寧にお答えいただけた。 大変お世話になりました。ありがとうございました。

説明が丁寧で業務が迅速でした。

相続という初めてのことで不安も大きかったのですが、チェスターさんのわかり易い説明と資料でスムーズに事が運びました。 また、細かい事に関してもメールのやりとりで迅速に対応して頂き、ストレスなく完了することができました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る