登記簿を紛失している場合の相続登記|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

登記簿を紛失している場合の相続登記

登記簿を紛失している場合の相続登記

相続登記とは、相続が発生して、亡くなった人(被相続人)が所有している不動産を相続した場合に所有権移転登記をすることで、登記手続のなかでも、多くの書類を必要とし、手続も複雑になります。

手続きの際には、被相続人の戸籍謄本や遺言書など相続人を特定するための書類や遺産分割協議書など遺産の分配を証明するものが必要となります。

このとき必要となるのが、この土地が確かに土地を売ろうとしている人(=売主)のものであるのかを証明しなければなりません。

これを証明するのが土地の登記簿済証です。

では、この手続きの際に万が一必要書類のひとつである登記済証がない場合においては、どのようになるでしょう。

一般的に、この登記済証がない場合においては、相続人名義に相続登記をすることができません。

ですので、このような場合においては、相続人間でこの建物を誰が取得するのか遺産分割協議を行い、建物を取得する相続人名義に直接表題登記を行います。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
共有名義の土地の相続について知っておきたいこと
不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合 登記所(法務局)に備置されている登記事項証明書を取得すると、表題部(土地の物理的現況について記載された部分)に対象となる土地の面積(地積)が記載されています。 また、さらに詳しく地積を測量した図面(地 […]
相続登記を一部だけできるか
相続登記を一部だけできるか 相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。 例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。 相続登記は、自 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145