相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続した土地や不動産を売却する際の手続きと注意点

相続した土地や不動産を売却する際の手続きと注意点

1.相続した不動産を売却すると譲渡所得税

土地の売却をする際、基本的に「売却益」があれば譲渡所得税が課税されることになります。その際の税率は条件にもよりますが20%ほどで、決して低い税率とは言えません。この譲渡所得税は、「売却金額」に対して20%ではなく、「売却益」に対して20%である点に注意が必要です。
例えば、昔3000万円で購入した土地を相続後に5000万円で売却した場合、利益の2000万円に対して20%の税金が課税されます。しかし相続の場合には、昔から所有していた土地も多く、取得時の購入価額が不明のことも多くあります。このような場合には、売却金額の5%のみを取得時の購入価額として計算することになっていますので、購入価額が不明な時には、譲渡所得税の金額も大きくなってしまうことが想定されます。

2.相続してから3年10ヵ月以内に売却すれば特例あり

相続した土地の売却の場合、一定の条件を満たせば譲渡所得税が優遇されます。例えば相続税の支払いが困難なため相続した土地を売却し、得た対価で相続税を納税したとします。この場合その売却した土地自体も相続財産に含まれ、相続税を支払うために売却したのにその売却益に譲渡所得税が課税されると、同一財産に対する二重課税となってしまいます。つまり税金を支払うのにまた税金が課税されることになるのです。
そのため相続税申告期限から3年以内の土地譲渡では、一定の方法により計算した金額分は土地売却の譲渡所得から控除するという特例を受けることが出来ます。これを相続税の取得費加算の特例といいます。この特例は相続税申告期限から3年以内、つまり相続開始から3年10ヶ月以内の土地売却にのみ、1日でも過ぎてしまうと受けられませんので注意が必要です。

3.相続税の取得費加算の改正(平成27年1月1日以降)

 上記の相続税の取得費加算ですが、税正改正されており、従来よりも控除できる額が小さくなっている点に注意が必要です。これまでは、複数の土地を相続して、その中の一部の土地を売却した場合に、土地全体について取得費加算が適用できましたが、改正後は、「売却した土地に対応する相続税の分」に限定されてしまったため、従来よりも取得費加算の影響が少なくなってしまいました。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

契約前に、申告内容を可能なかぎり、調べ、聞いてもらい、 ほぼ初回面談時に、だいたい申告内容が見えてきたので、安心して、お願いできました。 また、不動産のことも、お願いでき、すべておまかせできるところがよかったです。

対応が親切・丁寧だった。 もっとも不安だった相続税がどのくらい掛かるのか、初回面談で結構細かく説明頂け、安心感になった。 こちらで対応すべきことがわかりやすく、やり取りもスムーズだった。

貴社職員との業務事項の合間に緊張している私どもを、雑談を交え場を和らげ、又、丁寧に質問に答えて下さいました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る