年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

その他

    マイナンバー制度導入で個人の資産状況がまる見えに?

    2016年にマイナンバー制度が導入されたことにより、個人の預金情報にもマイナンバー利用が検討されはじめています。 マイナンバー制度が個人の貯金にも導入されるとどのようなことが起こるのでしょうか。マイナンバー制度の導入で、特に富裕層は影響を受ける可能性 […]

    年金をもらうには手続きが必要です!年金の種類で異なる必要な書類とは?

    「もらえる年金額が、昔と比べて減っているのでは?」という声も多く耳にしますが、老後の資金として頼りになる存在であることに変わりはありません。平成29年8月1日からは、年金の資格期間が以前の25年以上から10年以上へと変更され、より多くの方が老齢年金を […]

    3分でわかる死亡届の書き方~この通り書けば提出できます!

    死亡届を書くということ。これは一生自分に縁のないことのように聞こえるかもしれませんが、意外に突然その時はやってくるかもしれません。 死亡届の様式はどこで取得できるのか? 誰が届け出るのか? そして、死亡届けの提出先はどこなのか?などなど、疑問はつきま […]

    死亡届の記載事項証明書(死亡届の写し)の請求方法について

    『死亡届の記載事項証明書(死亡届の写し)』は、遺族年金などを請求する時に必要な書類になります。『死亡届の記載事項証明書』とはどのような書類なのでしょうか? ここでは死亡届の記載事項証明書の請求方法について説明しています。 1.死亡届の記載事項証明書と […]

    国税庁が広大地の通達改正案でパブリックコメント(意見公募手続)

    国税庁は6月22日、「財産評価基本通達」の一部改正(案)を公表し、意見公募手続きを開始しました。意見公募は7月21日までです。同改正案には広大地評価の見直しが盛り込まれています。 改正案によれば、現行の広大地の評価(評基通24-4)は廃止され、新たに […]

    相続税の書面添付は税理士の責任が重くなる

    税理士法第33条の2の書面添付制度を適用して、相続税の申告を行う税理士が統計上も増えてきているようです。 実際、税理士法人チェスターでもこの書面添付制度を積極的に導入しており、結果、税務調査になる確率が1%となり、一定の成果を出しています。 ただ、こ […]

    営業上の権利(営業権)の相続税評価

    相続は、被相続人が持っていた財産すべてが対象となりますので、被相続人が事業を行っていた場合は、その事業も相続することになります。つまり、「事業」にも相続税が課せられるということですので、その事業も評価する必要があるのです。 事業の評価については、今あ […]

    自動車の相続税評価は“業者買取金額”

    自動車の相続税評価は“業者買取金額” 相続財産の中に自動車がある場合、相続税申告の計算に含める必要があります。 そのためには、いくらの価値があるのか見積もる必要があります。自動車の相続税評価については、財産評価基本通達において次のように定められていま […]

    耕作放棄地(遊休農地)の固定資産税が平成29年から1.8倍に

    平成28年税制改正において、耕作放棄地である農地の固定資産税の増税が決まりました。 通常、農地に関する固定資産税は、「正常売買価格×限界収益修正率0.55」を計算の基礎として計算されていましたが、今回の改正により「×限界収益修正率0.55」を乗じない […]

    夫婦同時死亡したときの生命保険金の受取人はだれ?

    夫婦同時死亡!生命保険金の受取人は誰? 契約者 保険料負担者 被保険者 受取人 夫 夫 夫 妻 上記の生命保険契約があったとします。 この夫婦が旅行中、不慮の事故で同時死亡した場合、夫の死亡保険金は誰が受取ることになると思いますか? 同時死亡の場合、 […]

    1  2  3  4  5  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る