自身の意思を働かせながら親族に財産を委ねる家族信託|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自身の意思を働かせながら親族に財産を委ねる家族信託

信託で贈与者の意思を守る

 贈与は契約ですから、贈る側、受け取る側が互いに意思能力がないと成立しません。

 その点で、親世代が高齢になるにつれて不安視されるのが、意思能力の低下です。

 たとえば認知症に罹った場合、意思能力が喪失したとみなされ、法律的行為ができなくなります。税務の現場でも、暦年贈与を続けていた親が晩年に認知症に罹っていたとわかると、相続後の税務調査で、
「贈与が成立していないのではないか」

 と疑義を持たれるケースがあります。

 また、相続前であっても、贈与を予定していた人が、認知能力の低下や入院で実行できなくなる事態もありえます。

 それを予防する方法として最近話題になっているのが、民事信託(家族信託)です。

 加齢による負担や認知症の発症など、将来自己の財産管理能力に不安がある場合、元気なうちに、信頼できる子など財産管理をゆだねる信託をおこなうものです。通常、信託業務には免許が必要ですが、営利を目的とせず、特定の一人から一回だけ受託する場合は、免許は不要です。

本人の意思を次世代につなぐ

 具体的には、親が委託者兼受益者、子を受託者とする信託契約を結び、信託目的を親の財産を管理・処分する権利にしておきます。その中で、誰に、いつ、何の目的で、どのような形で財産をあげるのかを指定します。

 後に委託者の意思能力が衰えても、受託者が代わって財産を処分運用できます。もちろん贈与も、委託者の意思どおりに実行できます。受託者である子が、自分に贈与することも可能です。

 なお、意思能力が失われた際の対策としては、成年後見制度がよく知られています。しかしこれは財産の保全が目的であるため、生命保険に入る、不動産を買うなど、資産を売却・処分する業務は不可能です。もちろん、贈与は代行できません。

 信託は財産管理の一手法にすぎませんが、契約によって、本人の意思を次世代につなぐシステムといえます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306