相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合

贈与は、複数人から受けることも考えられます。

複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。

2つの課税制度

贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度という二つの方法があります。

暦年課税制度は、毎年1月1日から12月31日までの1年間で贈与された財産額をすべて合算し、基礎控除額の110万円を引いた額に贈与税が課されます。

複数の人から贈与をうけた場合、基礎控除額の判断は、贈与ごとに110万円ではなく、受贈者1人につき110万円として判断されます。

例えば、父から100万円、母から100万円それぞれ贈与を受けた場合には、その年の贈与額は合計200万円になり、その200万円から基礎控除額の110万円を控除し、残った90万円に対して贈与税が発生します。

一方で相続時精算課税は60歳以上の親から、20歳以上の子への生前贈与が行われた場合に、相続開始まで通算して2,500万円までは非課税とするという制度です。

この相続時精算課税制度は、贈与を通して社会における資金の回転を良くして、経済の活性化を図ることを目的としたものです。

相続時精算課税制度を利用した場合には、贈与の非課税額は大きくなります。

2,500万円を超えた場合には、一律で20パーセント課税されることとなります。

この相続時精算課税制度を利用した場合、例えば父親から2,500万、母親から2,500万円の贈与を受け相続時精算課税を選択した場合、両親からの贈与額合計5,000万円すべてが基礎控除額となります。

このように複数人から贈与を受ける場合には、一般的には相続時精算課税制度の方が、非課税の枠が大きくなりますのでメリットが高いということができます。

また、一律で税率が20パーセントという形で固定されている点も相続税の課税額を予測するうえで非常にわかりやすい基準になります。

相続時精算課税制度を利用する場合には、税務署に対して相続時精算課税制度を利用する旨の届出を行います。

この場合、再度暦年課税制度に戻るということはできません。

贈与は、税率の高さなどから一般的には相続税対策としては活用できないという面が従来はありました。しかし相続時精算課税制度を活用することで、非課税とすることや税率の予測可能性が高まるなどのメリットを享受することが可能となります。

贈与税の相談は税理士

相続時精算課税をはじめとする贈与制度を効果的に活用するにあたっては税理士への事前の相談がおすすめです。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

書類等を送りましても届くと直ぐTEL下さり安心です。 はじめての経験で不安、心配もありましたが全て心配ありませんでした。 納得のいく説明にも関心致しました。ありがとうございました。

書類のやりとり等に関してその都度到着、入金などの連絡を入れて頂き確実に作業をすすめて下さいました。 書類の記入法についてもきめ細かい指示があり、父のような高齢者にも大変わかりやすかったです。(ありがとうございました。)

この度は、父の相続の件で大変お世話になりました。初めて家に来て頂いた時から、とても丁寧に説明して下さり、安心してお任せすることができました。 初めての経験で専門用語も多く、自分達だけでは理解し先に進めていくのは容易な事ではなかったと思います。相続書類 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る