相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

贈与税法一般編

    贈与契約書の書き方【保存版】様式・注意点を記載例付きで解説

    この記事を読んでいる人は、生前贈与を実施しているか計画している人だと思います。 生前贈与を実施するにあたり「贈与契約書」の書き方について知りたいという声が多いため、この記事を作成しました。相続の専門家が贈与契約書の記載例、書き方や注意点について詳しく […]

    贈与の年に贈与者が死亡した際の贈与税申告

    贈与の年に贈与者が死亡した際の贈与税申告 贈与者が贈与をした年に死亡した場合には、受贈者の方の状態により贈与税及び相続税の取扱いは以下のようになります。 まず、相続時精算課税の適用を受けている者(相続時精算課税の適用を受けようとする方を含みます。)が […]

    少額贈与の場合の課税関係

    少額贈与の場合の課税関係 少額贈与の場合の課税関係についてですが、贈与をするときに気をつけなければならないのは、年間贈与額を110万円以下にすることで、もし110万円を超えた場合には贈与税がかかってしまいます。 なので、毎年110万円以下の少額贈与を […]

    特定贈与財産とは

    1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

    店舗兼住居の贈与について

    店舗兼住居の贈与について 婚姻期間が20年以上の配偶者から住居用の不動産や住居用不動産の購入資金を贈与された場合、贈与税の配偶者控除の特別措置を受けることが出来ますので、2000万円までの贈与税が控除されます。 配偶者控除分に基礎控除額の110万円を […]

    選挙費用の贈与について

    選挙費用の贈与について 一般に公職に立候補するには人件費、事務所などの家賃、通信費、交通費、印刷費など、多くの選挙費用を必要とします。 その支出総額に上限は設けられていますが、それでもなお立候補者は多くのお金を工面しなければなりません。 選挙に当たり […]

    増築と贈与の関係

    増築と贈与の関係 現在両親が住んでいる家屋を増築する際、親が高齢でローンを組めないなどを理由にその増築費用を子供が負担するケースはよくあることです。 自分もその家に住む場合は自分の家でもあるわけですから、親に弁済を求めず増築費用を子供が負担してもよい […]

    贈与者と推定相続人

    贈与者と推定相続人 第三者間ではもちろんのこと、親子間でも金品の贈与がなされることは多々あります。 親子間の場合、贈与税と相続税は表裏一体の関係にあり、この二つの税制を一体化させる措置として制定されたのが相続時精算課税です。 これは贈与者が自分の推定 […]

    公益社団の贈与とは

    公益社団の贈与とは そもそも公益社団法人とは、一般社団法人設立後に交益認定を受けた法人のことです。 ある人が、自分の土地や建物等の資産をある法人に寄附した場合に、その寄附したものにはその時価で譲渡したものとみなされ、そのものを取得した時の価値から寄付 […]

    負担が不当に減少しないとは

    負担が不当に減少しないとは たとえばある人が自分の資産を特定の個人に相続させる場合、その相続した個人に対して相続税が課されます。 もし個人ではなく法人が特定の個人の財産を取得した場合、それには法人税が課せられます。 しかし、そのように相続した財産の納 […]

    1  2  3  4  ...  12  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る