年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

贈与税法一般編

    配偶者控除(おしどり贈与)適用上の注意点

    贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上であることが要件のため、おしどり贈与と呼ばれています。この特例適用の注意点は解説で紹介します。 贈与税の配偶者控除 贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上の配偶者から一定の要件を充足する居住用不動産の贈与 […]

    贈与したその財産を管理・支配しているのか?を記録として残す

    契約成立後は取り消しはできない?  前項では、契約は「取り消し可能」と述べました。一方、いったん履行が済めば、贈与は「取り消し不可能」な状態になります。つまり、確かに受贈者に渡った事実があれば、税務署からも贈与の履行が認められます。  ここで問題とな […]

    贈与の際は面倒でも必ず贈与契約書をつくる

    税務署に疑われないために……  生前贈与をめぐるトラブルを大きく分けると、当事者間のトラブルと税務署とのトラブルに集約されます。  このうち当事者間トラブルの防止策としては、「公平さと納得感」と「話し合い」をあげました。ただ、やはりデリケートな問題で […]

    贈与の決め方は、親子世代で話し合うのが基本

    金銭面だけでなく気持ちにも配慮  贈与の公平を考える際は、金額面だけに目が向きがちです。しかし私たち税理士の経験からいうと、金額面の公平さより心理的な納得感を大切にした方が、最終的にトラブルが起きにくい傾向があります。  金額だけ均等にするのは、いわ […]

    贈与はあくまで「公平に」を基本としよう

    公平の考え方は?  贈与は、贈る側の意思で行うものです。自分の財産を誰にいくらあげるかは自由に決めてかまいませんし、相続と違い、分配のめやすが法律で決まっているわけでもありません。  しかし親世代から生前贈与の相談を受けた際、私たち税理士はこうアドバ […]

    贈与による節税対策のメリットとデメリット

    贈与税は相続税よりも高い?  贈与は、課税されると相続税より税率が高くなります。いかに非課税の範囲内で行うかが、重要になります。  贈与には、110万円の基礎控除を年ごとに受けられる暦年贈与と、2500万円の非課税限度額が相続する日まで与えられる相続 […]

    生前贈与がおすすめの人とそうでない人

    生前贈与のトラブルに注意  生前贈与は、受け取る側には財産が増えるメリット、贈る側にとっても相続税を節税できるメリットがあります。  しかし生前贈与を始めるにあたっては、「自分の財産はいくらなのか」という点を把握しておかないと、せっかくのメリットをい […]

    特別受益の持ち戻し

    遺産分割と「特別受益の持ち戻し」  税制では、相続前3年分の贈与を相続税の対象にしますが、それ以前の贈与については、法律上の不備がなければ、すべて相続財産から切り離します。  一方、遺産分割では、特定の贈与に限り、無期限にさかのぼって相続財産に加える […]

    贈与は「相続発生前3年間」に気をつけよう

    直近3年分の繰り入れ  生前贈与を行えば、その分の財産は贈与した人から離れ、受け取った人のものになります。その結果、相続財産が減らせます。  しかし相続発生時、つまり贈与した人が亡くなった時点で、税制の新たなる制約が加わります。  それは、相続発生か […]

    税務上贈与と見做される取引

    約束は贈与したことと同じ  110万円の基礎控除以内ならば、毎年贈与を行っても、贈与税はかかりません。しかし、 「基礎控除額以内の額を、これから毎年贈与するよ」  と相手に約束すると、話が違ってきます。  というのは、約束した時点で、「基礎控除以内の […]

    1  2  3  4  ...  12  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る