原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。

戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってくる場合があります。

原戸籍というのは、もともとの戸籍の事で、変更される前の元の戸籍ということです。相続の際には、現行の戸籍謄本の他に、この原戸籍も必要となってきます。

被相続人が生まれてから死亡するまでのすべての戸籍情報が必要となるというわけです。戸籍の様式が変更になると、その時に効力のある事項だけが転載されますので、その時点で特に効力のないと見なされる情報は新しい戸籍に記載されないのです。

すべての戸籍情報を知るため、その原戸籍も取得して相続手続きを行わなければいけないと言うわけです。相続を行う際には、戸籍謄本の他に、この原戸籍もきちんと取り寄せて作業するようにしましょう。

役所内のコンピューターにデータとしてあるものが、「現在戸籍」で、それまでの紙の戸籍簿のことを「改製原戸籍」と言います。つまり、「改製原戸籍」は、いわば、「古い戸籍」という認識で概ね間違いないかと思います。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
婚姻関係終了届とは
姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]
代襲相続と法定相続人の人数
1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]
相続関係図の書き方
相続関係説明図への記載事項 被相続人の死亡した年月日と死亡時の住所と氏名、相続人の生年月日と住所と氏名を記載します。 今回の被相続人の法定相続人が死亡している場合にはその者の死亡した年月日と氏名を記載します。 また、それぞれの氏名の前には今回の相続に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145