相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

遺産分割編

    遺産相続で1人の相続人が相続する上限について

    遺産相続で1人の相続人が相続する上限について 遺産相続の際に、相続人が一人でも、複数でも相続によって得る財産所得に上限はありません。 億単位の巨額な遺産を一人で相続しても全く問題はないのです。それはプラスの遺産、マイナスの遺産に分けられることはありま […]

    遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合

    遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]

    遺産分割の期限の有無について

    遺産分割の期限の有無について 相続が発生して、相続人が複数いるときには、その遺産は相続人が共有している状態になります。 共有していると、例えば、その遺産を第三者に売却したり貸したりする時に、相続人全員の同意を得なければなりません。 ですから、できるだ […]

    分割協議中に相続人死亡した場合

    分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]

    遺言書の内容の異なる遺産分割

    遺言書の内容の異なる遺産分割 通常被相続人が死亡した場合、相続人間で遺産分割協議が行われ財産の分配を決定しますが、被相続人が遺言書を残している場合、原則としてその遺言に従い財産は分配されます。 しかしたとえ遺言書が残されていたとしても、相続人全員の同 […]

    共有物分割とは

    共有物分割とは こちらでは共有物分割についてお話します。 共有物とは、複数人数で共有している不動産などの財産の事を指します。 そして、共有物分割とは、その共有状態を解消することを言います。 それでは、共有していた不動産などの共有状態を解消する際に、ど […]

    分割協議書とは

    分割協議書とは 遺産分割協議書とは、言ってみれば遺産分割の結果の記録のようなものです。 相続が発生し、遺産分割が終了した後、誰がどの遺産をどのくらいの割合で相続することに決定したのかということを記録します。 この遺産分割協議書を作成しておくことによっ […]

    遺産分割とは

    遺産分割とは 遺産分割とは、読んで字のごとく、遺産を分割することです。 被相続人が死亡した際、財産分与についての遺言が残されていないと言う場合、その財産は相続人全体で共有するものとなります。 しかし、その遺産はひとりひとりに配分されなければなりません […]

    配偶者が遺産分割前に死亡した場合

    配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]

    相続税の分担割合を決めるときの注意点を相続税専門の税理士が解説

    複数の相続人で遺産を相続したときの相続税は、各人が実際に相続した遺産の割合に応じて負担することになっています。遺産を多く相続した人は相続税も多くなる一方、相続した遺産が少ない人は相続税も少なくなります。 相続税を分担する割合は小数で計算しますが、小数 […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る