相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

姻族関係終了届とは

姻族関係終了届とは

姻族関係とは

法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。

姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻関係は終了とともに、自動的に配偶者の血族との姻族関係も終了します。

しかし、配偶者(被相続人)が死亡した場合には、婚姻関係は終了しますが、配偶者の血族との姻戚関係は配偶者亡くなった後もそのまま継続されます。

姻族関係を終了させるには

配偶者の死後、配偶者の血族との縁を切りたいと望む場合には「姻族関係終了届」を提出することにより、姻族関係を解消することができます。一般的には「死後離婚」という言葉が使われています。

姻族関係を終了するかどうかは、本人の意思決定によるものであり、配偶者の血族の了解は必要なく、本籍地もしくは住居地の市区町村に「姻族関係終了届」を提出するだけで手続は終了します。

この届出は、配偶者の死亡届が出された後であれば、いつでも提出でき、期限はなく、届出日から姻族関係は終了します。姻戚関係が終了することから、死亡した配偶者の血族の扶養義務を負うことはありません。

また、死亡した配偶者との間に子供がいる場合には、届出をした配偶者の姻族関係は終了しますが、子供は死亡した配偶者の血族との関係には影響をおよぼすものではありません。

また、配偶者の遺産を相続した場合でも、姻戚関係終了届はその相続権に影響するものではないため、その相続分を返却する必要はなく、そのまま受け取ることができます。

ただし、姻族関係終了届で姻戚関係を終了しても、戸籍には何も反映されず、姓と戸籍はそのままとなっています。結婚前の戸籍や姓に戻したい場合には、別途「復氏届」を提出することが必要になります。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

質問した内容についてきちんと調べて回答頂き大変親切に対応頂けました。他にも税理士事務所を何件かまわったのですが、伊原様の人柄と対応の速さでチェスターにお願いすることに決めました。(相談の電話をさせて頂き、すぐに訪問日程を、決めてもらえたのがよかったで […]

正直言って何もわかっていなかった状態の私に、辛抱強く説明、数多いメールなどのやりとりをして頂いて、大変助かりました。 感謝しています。

初回の打合せから最終の申告、報告まで適格な業務にタイムリーな作業の完成度の高さに十二分に満足しております。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る