相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国11拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 京都
    【京都事務所】直通フリーダイヤル0120-575-985
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

相続大辞典

遺言編

    包括受遺者とは

    自分が亡くなった後で、遺産を人に渡す方法には、相続以外に「遺贈」という方法もあります。 この遺贈は、さらに「包括遺贈」と「特定遺贈」という種類にわかれています。そして、包括遺贈により故人の遺産を受ける人のことを「包括受遺者」と呼びます。本記事では、こ […]

    遺言書の付言事項とは-記載すべき内容や書かないほうがよい文の具体例も

    遺言書に付言事項を追加すると、相続後のトラブルリスクを減らせます。 付言事項では、相続の分配割合を決めた理由を、自分の思いと一緒に伝えられます。一方でなかには、付言事項に記載する内容を間違えてしまい、余計なトラブルを引き起こしてしまうケースもあるよう […]

    遺言書の検認とは?手続きの流れや必要書類・費用を解説

    相続発生後に一定の種類の遺言書が残されていた場合、その遺言書について、家庭裁判所で「検認」という手続きを受ける必要があります。 まず遺言書にはいくつかの種類があることを理解した上で、どんな遺言書だと検認が必要になるのか、検認をしないとどうなるのか、検 […]

    遺言での遺留分対策は限られている-計画通りに相続を実現する方法

    遺言でおこなう遺留分対策には限界があります。 兄弟姉妹以外の相続人には遺産の相続に最低限の保証があり、この保証は遺言によっても奪えません。 相続される側もする側も、法律上の制度を正確に知ることで必要な対策ができます。 遺言で不当な遺留分対策をすると最 […]

    自筆証書遺言のメリット・デメリットと保管制度・方式緩和について徹底解説

    自筆証書遺言(自筆で書く遺言書)は、費用をかけず手軽に書くことができる反面、家族に見つけてもらえなかったり、無効になったりする可能性があります。 遺言書には、自筆証書遺言のほか、公正証書遺言や秘密証書遺言といった種類があります。 公正証書遺言は紛失や […]

    遺言検索システムとは?遺言書の見つけ方。利用方法や必要書類を詳しく解説

    親の残した遺言が公正証書遺言なら遺言検索システムにより、また、自筆証書遺言で法務局に預けていれば遺言書保管事実証明書の交付請求により、探しても見つからなかった遺言書が見つかるかもしれません。 近くの公証役場及び法務局で検索・請求してみましょう。 ここ […]

    包括遺贈と特定遺贈の違い!トラブルを防ぐための注意点は?

    遺贈とは、遺言書によって法定相続人や法定相続人以外の人に、自己の財産を引き継がせることを指します。 遺贈には「包括遺贈」と「特定遺贈」があり、考え方・受遺者の権利・税金(不動産取得税)・債務があった場合の放棄方法などに違いがあります。 確実に遺贈を実 […]

    遺言無効確認訴訟の提起前に知っておきたいこと。費用、期間など

    遺言無効確認訴訟を起こせば、納得のいかない遺言書の有効・無効を判断してもらえます。ただし訴訟には弁護士費用が必要で、問題解決までの期間も長期化しがちです。遺言を無効とするまでの流れや、どのようなケースで無効になるのか確認しましょう。 1.遺言を無効と […]

    秘密証書遺言とは?メリット・デメリットや作成方法を解説します

    秘密証書遺言とは?メリット・デメリットや作成方法を解説します 遺言書は、多くの場合自筆証書遺言や公正証書遺言として作成されます。しかし、通常作成される遺言書にはもう1つ、秘密証書遺言があります。 秘密証書遺言は、遺言の内容を秘密にしておくことができ、 […]

    認知症になると遺言書は作成できない?公正証書遺言でも無効になる?

    遺言書の作成時に遺言者が認知症を患っていた場合、公正証書遺言でも無効になる可能性があります。相続の話し合いや準備は親が認知症になる前に済ませておきましょう。遺言能力の有無を判断する方法や、遺言が無効になった際の流れも解説します。 1.親が認知症になる […]

    1  2  3  4  ...  8  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る