年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

身分関係編

    相続人が行方不明の場合

    相続人が行方不明の場合 遺産分割協議は全ての相続人がそろわなければできません。 相続人の中に、失踪するほか、災害で遭難し行方不明になったままの人がいる場合などは、遺産分割協議ができません。そのような場合には、家庭裁判所への申し立てを行います。 もしも […]

    相続で必要な戸籍謄本について

    相続で必要な戸籍謄本について 相続に関する手続きを進めて行く上で、誰が相続するのかをはっきりと証明する必要があります。 相続人を確定するということは、全ての手続きにおいて大前提の必須条件であり、基本的には、戸籍謄本が必要となります。 戸籍に記載されて […]

    代表相続人とは

    代表相続人とは 代表相続人とは、民法等の相続の法務手続きにおいては正式に使われる言葉ではありません。 主として、税金の納税や預貯金の名義変更などの際の連絡先のために定められる人で、相続人の窓口となる人ということになります。 代表相続人の法律的な意味と […]

    被相続人の住民票の除票とは

    被相続人の住民票の除票とは 相続放棄手続に被相続人の住民票の除票が必要になります。申述人(放棄する方)が,被相続人の配偶者の場合には被相続人の住民票除票、又は死亡届によって住民登録から抹消された住民票なども必要になります。 このように相続登記において […]

    被相続人の戸籍の附票

    被相続人の戸籍の附票 被相続人の戸籍の附票とは本籍地以外で生活、就職する方のために、本籍地が居住地ではない方が住民登録法の中で寄留簿の後を継ぐものとして戸籍の附票が制定したものになります。 寄留簿が本籍地を離れて生活する者のみを記録したのに対し戸籍の […]

    被相続人の戸籍(除籍)謄本とは

    被相続人の戸籍(除籍)謄本とは 被相続人の戸籍(除籍)謄本とは基本的に役所で発行しています。他の市区町村へ転籍した場合や婚姻によって他の戸籍への移動や死亡した際に書面に証拠として記録されるのが除籍謄本になります。 書面で発行してもらうことが可能ですの […]

    被相続人の原戸籍謄本とは?(はらこせき、げんこせき、改製原戸籍)

    1.原戸籍謄本は何のために必要なの? 原戸籍謄本、あまり聞かない戸籍の名前ですが、皆さんが普段よく見る戸籍は、「戸籍謄本」であり、今現在の戸籍内容を示すものです。 しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際 […]

    相続関係説明図の作成方法と利用

    相続関係説明図の作成方法と利用 相続関係説明図(家系図)の作成は慎重に戸籍を調べて調査していくことが大切です。 戸籍を調べていくことで分かる自分の先祖を確認することで家計図の作成を行うことが可能です。戸籍謄本は役所で取り寄せることが可能で、郵送なども […]

    未成年後見人とは

    未成年後見人とは 未成年後見人とは、親権者の死亡などのために未成年者に対して親権を行うものがいない場合に、その未成年者の法的代理人を務める人のことです。 後見人に選任された者は、未成年者の監護養育、財産管理、契約などの法律行為を行います。 未成年後見 […]

    子の氏の変更許可について

    子の氏の変更許可について 配偶者が死亡した際、復氏届を提出すると、その故人の配偶者は結婚前の姓に戻ることができます。 しかし、この届出では、配偶者との間に生まれた子供の姓や戸籍は変わりません。子供の姓を親と同じにし、同じ戸籍に入れたい場合に必要なのが […]

    1  2  3  4  ...  6  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る