相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

その他

    相続財産目録の作成方法|はじめての人向け【Excel書式&記載例付】

    身近な方がお亡くなりになられて、その方の遺産の整理のため『財産目録』を作成しようとしているが、何から始めればよいのか、また、何かよい書式やフォーマットがないかとお悩みではないでしょうか。 こちらでは、財産目録の基本的な作り方・記載方法を初めての人でも […]

    「相続財産管理人」の選任手続き・流れ・報酬

    あなたは身の回りで亡くなった人に相続人がいない、または相続人はいるが全員が相続放棄をしてしまい、相続財産を管理する人がいなくてお困りではないでしょうか。 特に特定受遺者や特別縁故者(※)などの財産を受け取る権利がある方は、相続財産管理人について知る必 […]

    相続財産管理人による不動産売却の流れ-選任の流れや生前対策も紹介

    相続財産管理人が不動産を売却するためには、家庭裁判所の許可を経てから手続を進めていく必要があります。 裁判所からの許可条件の1つは公正な価格での売買であるため、不動産鑑定士による評価が必要になることも。 裁判所の許可がもらえた後に、相続財産法人名義の […]

    相続で詐欺行為があった場合

    相続で詐欺行為があった場合 相続の際に詐欺行為や不正行為があった場合についてですが、他の相続人に騙されて遺産分割協議の際に合意してしまったという場合においては、その意思表示を後から取り消す事ができ、万が一その取消を認めないと主張する相続人がいるのであ […]

    相続における居住権の主張

    居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]

    相続で実印登録がない場合

    相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]

    子供いない夫婦の遺産相続

    子供いない夫婦の遺産相続 子供いない夫婦の遺産相続の場合、配偶者がその遺産を100%相続できると思われがちですが、実はそうではありません。 被相続人の父母が健在の場合、配偶者が2/3、父母が1/3を相続でき、両親ともに健在の場合は1/3を2人で分ける […]

    相続の謝礼金額

    相続の謝礼金額 相続の発生後、相続人間で金銭のやり取りが行われる場合があります。 これは、法律的な問題というよりは、事実上、儀礼上の問題として行われるものです。 典型的なものとしては、遺産分割協議書に押印を求める際の「ハンコ代」と俗に呼ばれるお金です […]

    再転相続とは

    再転相続とは 再転相続とは、相続人が考慮期間中に相続の承認または放棄を行わないまま死亡してしまった場合、その相続人の相続人が死亡した相続人分の相続も承認・放棄する権利を承継し取得することをいいます。 例えばあなたの祖父が亡くなり、相続人である父親が考 […]

    相続財産管理人とは?選任の条件や手続きの流れ・費用を解説

    相続財産管理人は、相続する人がいない遺産を管理するために選任される人のことです。 相続人がいない人の遺産は、故人にお金を貸していた債権者、遺言で特定の遺産を与えられた特定受遺者、故人を療養看護していたなど一定の事情がある特別縁故者が受け取れます。 し […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る