相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

成年後見編

    未成年後見人とは?役割や報酬・手続きの概要などをわかりやすく解説

    未成年者が遺産相続や契約などをする場合は、親権者(両親)の同意または代理が必要です。両親が亡くなるなどして親権者がいなくなってしまった場合には、親権者の代わりになる「未成年後見人」を選任しなければなりません。 この記事では、未成年後見人を選任する方法 […]

    成年後見人はどのように選ばれる?なれる人、手続きなどを解説

    成年後見人は、自分の意思で十分な判断ができない人の代理人です。例えば認知症の相続人がいる場合、成年後見制度の活用で手続きをスムーズに進められます。成年後見制度を利用するメリット・デメリットや、家族信託について確認しましょう。 1.相続人の中に認知症の […]

    法人(会社)が成年後見人になることは可能?

    成年後見人は、認知症などで判断能力が不十分な人に代わって財産管理や契約などを行います。判断能力が不十分な人は家族が亡くなったときに相続の話し合いに加わることができず、成年後見人を立てる必要があります。 高齢化社会の進展により認知症を発症する人が多くな […]

    親族後見人とは?親族後見人と専門職後見人の違い

    成年後見人は、認知症や精神障害などで判断能力が十分でない人を保護・支援するため、その人に代わって財産管理や契約などを行います。 高齢化の進行により成年後見人が必要な人は多くなっていますが、実際に成年後見人を立てる人はまだ少数です。これは、制度がまだ十 […]

    特別代理人の相続

    特別代理人の相続 相続者の中に未成年がいて、親がその代理人になって財産分割協議を行うことができない場合は、家庭裁判所に代理人を立てることを申請します。 この代理人の事を、特別代理人と言います。 では、特別代理人はどのようにして決定されるのかと言うこと […]

    活用したい成年後見制度とは?

    成年後見制度を利用することによって、認知症や知的障害などの判断能力が不十分な方が相続トラブルに遭遇した場合に、その方の援助をしてくれる人を付けてもらうことができます。 相続人の判断能力が不十分なため遺産分割協議などを行うことが難しい際は、成年後見制度 […]

    後見監督人とは

    後見監督人とは 後見監督人とは、後見人が被後見人に対する義務をきちんと果たしているかを監督する立場にある者のことです。 また、後見人と被後見人との利益が相反する場合に被後見人の代表などの役目も果たします。 後見人は被後見人の財産管理なども行います。 […]

    後見監督人の指定とは

    後見監督人の指定とは 親権者がいない、もしくは親権者が管理権を持たない場合、未成年後見人が選任され、未成年者の監護、教育、財産の管理などを行うことなになります。 未成年後見人の職務を監督するのが後見監督人です。 この後見監督人は、未成年後見人の不正事 […]

    特別代理人とは

    特別代理人とは 遺産分割協議は原則として相続人全員が参加することが定められています。 しかし、相続人の中に未成年者がいる場合未成年者は遺産分割協議に参加できません。 その場合、その未成年者の親や後見人が法定代理人として遺産分割協議に参加することと定め […]

    成年後見人と相続

    成年後見人と相続 成年後見人とは、判断能力に欠けるとされる成人を保護し支援してく者のことです。 具体的には、知的障害者で的確な判断ができない成人や認知症になった成人などを保護する立場にあります。 成年後見人は後見人を必要とする本人の財産管理もその職務 […]

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る