相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国11拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 京都
    【京都事務所】直通フリーダイヤル0120-575-985
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

相続大辞典

成年後見編

    成年後見人のデメリット6つ-親族が望ましケースや利用しない選択肢も

    成年後見人には、メリットだけでなくデメリットもあります。成年後見人の申立手続は複雑で、ある程度費用もかかり、資産運用や生前贈与ができないなどお金の自由がきかなくなるからです。 成年後見人は第三者が務める割合が多いですが、最高裁判所では親族が成年後見人 […]

    成年後見人の費用は誰が払うのか-払えない場合の対策や費用相場も

    成年後見人の費用は、家事事件手続法28条により基本的に被後見人本人が支払います。 弁護士や司法書士などの専門家が成年後見人に選任された場合は、被後見人の口座から費用を引き落とすことで本人から支払ったことになります。しかし被後見人に金銭的余裕がない場合 […]

    親の財産管理をするには?任意後見、法定後見、家族信託などの違い

    親の財産管理をするには『任意後見制度』『法定後見制度』『家族信託』などを利用できます。それぞれどのような違いがあるのでしょうか?銀行で行える代理人の手続きも押さえておきましょう。親が認知症になる前に、早めの対策が必要です。 1.親のお金を守る対策を考 […]

    相続において成年後見人が必要なのは判断能力の低下した相続人がいるとき

    認知症や知的障害をもつ相続人が遺産分割協議を行う場合には、成年後見人を選任する必要があります。 成年後見人とは、判断能力が不十分な人の財産や権利を守って法的に支援する人のことです。弁護士などの専門家や親族から選任されるのが一般的です。ただし、利益相反 […]

    認知症の人がいる相続|事前の対策と成年後見人をつけるメリット・デメリット

    相続人の中に重度の認知症の人がいる場合には、相続による遺産分割協議を行なうため成年後見人をつけることが必要です。 ただし、成年後見人をつけることにはメリットだけでなくデメリットも。よく考えたうえで成年後見制度の利用を決定することが大切です。また、遺言 […]

    「成年後見制度」を制度をわかりやすく解説!どんな制度?

    成年後見制度を利用することによって、認知症や知的障害などの判断能力が不十分な方が相続トラブルに遭遇した場合に、その方の援助をしてくれる人を付けてもらうことができます。 相続人の判断能力が不十分なため遺産分割協議などを行うことが難しい際は、成年後見制度 […]

    成年後見人がいても遺言する方法|認知症対策に有効な3つの契約

    成年後見人のついている人(成年被後見人)が遺言するためには、遺言者が「一時的にでも判断能力を回復していること」「遺言の内容を理解できる状態であること」「遺言するときに2名以上の医師の立会いが必要」の条件があります。 しかし成年被後見人の判断能力が回復 […]

    未成年後見人とは?役割や報酬・手続きの概要などをわかりやすく解説

    未成年者が遺産相続や契約などをする場合は、親権者(両親)の同意または代理が必要です。両親が亡くなるなどして親権者がいなくなってしまった場合には、親権者の代わりになる「未成年後見人」を選任しなければなりません。 この記事では、未成年後見人を選任する方法 […]

    成年後見人はどのように選ばれる?なれる人、手続きなどを解説

    成年後見人は、自分の意思で十分な判断ができない人の代理人です。例えば認知症の相続人がいる場合、成年後見制度の活用で手続きをスムーズに進められます。成年後見制度を利用するメリット・デメリットや、家族信託について確認しましょう。 1.相続人の中に認知症の […]

    法人(会社)が成年後見人になることは可能?

    成年後見人は、認知症などで判断能力が不十分な人に代わって財産管理や契約などを行います。判断能力が不十分な人は家族が亡くなったときに相続の話し合いに加わることができず、成年後見人を立てる必要があります。 高齢化社会の進展により認知症を発症する人が多くな […]

    1  2  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る