相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。

戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってくる場合があります。

原戸籍というのは、もともとの戸籍の事で、変更される前の元の戸籍ということです。相続の際には、現行の戸籍謄本の他に、この原戸籍も必要となってきます。

被相続人が生まれてから死亡するまでのすべての戸籍情報が必要となるというわけです。戸籍の様式が変更になると、その時に効力のある事項だけが転載されますので、その時点で特に効力のないと見なされる情報は新しい戸籍に記載されないのです。

すべての戸籍情報を知るため、その原戸籍も取得して相続手続きを行わなければいけないと言うわけです。相続を行う際には、戸籍謄本の他に、この原戸籍もきちんと取り寄せて作業するようにしましょう。

役所内のコンピューターにデータとしてあるものが、「現在戸籍」で、それまでの紙の戸籍簿のことを「改製原戸籍」と言います。つまり、「改製原戸籍」は、いわば、「古い戸籍」という認識で概ね間違いないかと思います。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る