年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

相続放棄編

    借金がある場合には相続後3カ月以内の手続きが必要

    借金がある場合には相続後3カ月以内の手続きが必要 相続において「限定承認」「相続放棄」という選択肢もあります。しかし、これらを選択するには熟慮期間である3カ月以内に意思表示を行う必要があります。  相続においては次の3つの方法があります。「単純承認」 […]

    借入金がある場合の相続手続き

    借入金がある場合の相続手続き 借入金がある場合の相続手続きとして被相続人がどのくらいのマイナス財産(借金)があったのかを調査することが大前提です。 まず銀行やカードローン、キャッシング、フリーローンなどの確認を行うことが大前提でカード会社に故人(被相 […]

    相続放棄の手続き

    相続放棄の手続き 相続放棄の手続には亡くなった方が借金を追っていたり、連帯保証人になっている時には相続人はその責任も引き続き引き継いでいくことになり、遺産を引き継ぎたくない方も中にはいらっしゃいます。相続の放棄を行なうことでマイナスの相続分も引き継ぐ […]

    遺産相続を放棄するのは単独で?

    遺産相続を放棄するのは単独で? 遺産相続財産が負債が多い場合などに取られる相続放棄ですが、これは相続人単独で家庭裁判所に申し立てをします。必ず相続人全員でしなければいけないわけではありません。 しかし、法定相続人には法で定められた決まりがあり相続人が […]

    相続放棄の期限の注意点

    相続放棄の期限の注意点 相続放棄の手続きをする際に、その申し立てする期限があることを十分理解した上で手続きを行わなければいけません。期限内に申し立てを行わなければ、一般的には単純承認したと判断されます。 まず、相続放棄の申し立てができる期限です。これ […]

    借金を相続放棄する方法

    借金を相続放棄する方法 被相続人の遺産相続にあたり、自らが相続人であると確定しました。しかし、遺産には土地や建物などの財産は勿論含まれますが、借金などマイナスの財産が含まれていることも多々あります。 一般的に遺産相続をするということは、その財産がプラ […]

    相続放棄の期間について

    相続放棄の期間について 遺産相続が始まり、自分が相続人であることを知りました。しかし、被相続人の残した遺産がマイナスの遺産で、しかもその遺産が非常に大きく遺産相続をしマイナスの遺産を返済する能力が自分には備わっていません。 そういう場合に、遺産相続放 […]

    相続放棄はどこの裁判所に

    相続放棄はどこの裁判所に 遺産相続にあたり相続人が相続放棄を選択する場合、その手続きを家庭裁判所に申し立て申請しなければなりません。 家庭裁判所と言っても、どこの裁判所でも良いということではないので気をつけてください。申し立てできる家庭裁判所は、被相 […]

    相続放棄の手続きに要する費用

    相続放棄の手続きに要する費用 遺産相続の際に、借金が多く遺産相続してもその借金を返済できないや、相続人同士の骨肉の相続争いに巻き込まれたくないなどの理由で遺産相続を相続放棄できる権利が民法で定められています。相続放棄の手続きをし、それが認められれば相 […]

    相続放棄の手続きの方法

    相続放棄の手続きの方法 被相続人の遺産相続には、3つの相続手続きがあります。単純承認、限定承認と相続放棄の3つです。 故人が残した遺産は、プラスの遺産ばかりとは限りません。借金や未払い金、ローンなどはマイナスの遺産となります。このマイナスの遺産が多い […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る