遺産の名義変更手続きは基本的に自分でできる|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産の名義変更手続きは基本的に自分でできる

相続が発生したら、相続人同士で全ての財産を分割し、相続しますが、それぞれの財産の行き先が決まったら、その財産の名義変更をしていかなければなりません。

名義変更は義務ではなく、特別に期限も設けられているわけではないので、後延ばしにしてしまいがちですが、名義変更しておかなければ後のトラブルを招く原因ともなりかねませんので、相続が終了したら速やかに財産の名義を変更しましょう。

一口に名義変更と言っても、財産の種類によって名義変更の方法は異なりますので注意してください。

1.遺産の名義変更の基本的な順序

1)まずは、「相続関係説明図」の作成!!
いわゆる家系図を作成し、相続人の範囲を確定させる必要があります。
そのためには、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を取得する必要があります。
まずは、本籍地の役所に赴いて、「相続手続きに使用するので!」と担当部署に申し出てみましょう。

2)次に相続人間での話し合い
相続人の範囲が確定したら、次は、その相続人の間で「どのように遺産を分けるか」を話しあう必要があります。
例えば、この東京にある不動産はAさんに、大阪にある不動産はBさんにというように具体的に決める必要があります。

3)最後に、「遺産分割協議書の作成」
分割方法が決まれば、最後にその分割の内容を書面に表します。
それが、遺産分割協議書です。
この遺産分割協議書をもとに、金融機関での口座の名義変更や不動産の名義変更などを行います。

この1)~3)のステップは、遺産の種類を問わず共通して必要な事柄となります。

2.不動産の名義変更が一番重要で難しい

なお、一番名義変更が重要となる財産は不動産です。

不動産を名義変更するには、相続登記をしなければならず、専門家に手伝いを依頼することも視野に入れると良いでしょう。

金融機関等については、担当の銀行員の言う通りに手続きを進めていけばこなすことができますが、不動産については、手続きが複雑でなかなか始めての方がすんなりできるような手続きではありません。

3.不動産の名義変更は放っておくと大変なことに

不動産の名義変更は、いつまでにしなければいけませんという法律上の期限がありません。

だからといって、いつまでも放置しておいても良いというわけではありません。

不動産の名義変更を放置しておくと以下のようなリスクが生じる可能性があります。

・相続人の1人の気が変わり、ハンコを押さないと言われた
・当時の相続人が亡くなり、さらにその相続人と連絡がなかなかとれなくなった
など。

そのまま住んでいる場合は不都合がない場合が多いですが、いざ、建て替えや売却をする際に、名義がきちんと変わっていないと手続きが止ってしまう可能性があります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続後の運転免許の返却手続きについて
相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]
固定資産税の支払名義変更法
固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]
NHKの相続の名義変更について
NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145