年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

相続登記編

    不動産の相続登記の手続きについて

    不動産の相続登記の手続きについて 相続により不動産の所有権が相続人に移転する場合には相続登記が必要です。 相続登記に期限はありませんが、後々のトラブルを未然に防ぐためには、速やかに相続登記を行うことが必要です。 亡くなった方が不動産を所有している場合 […]

    相続した不動産に不動産取得税はかかる?

    相続した不動産に不動産取得税はかかる? 不動産取得税とは、売買、贈与、交換、建築等によって、土地や家屋といった不動産の所有権を取得する際に、一度だけ課税されるものですが、登記の有無や有償無償の別、期間の長短や取得の理由を問わず、不動産を取得した人が納 […]

    固定資産を相続した場合

    固定資産を相続した場合 相続における固定資産税の取り扱いとして、固定資産税の賦課期日はその年の1月1日となっていますが、資産所有者には納税義務が生じ、固定資産税の未納分の金額を相続税の申告書において債務として控除することが出来ます。 しかし、この場合 […]

    司法書士ができる相続手続き

    司法書士ができる相続手続き 司法書士は国家資格者です。 司法書士ができる相続手続きは相続に関する全般的な役割を担っていくことが可能です。 遺言書の作成から公正証書の作成、自筆遺言書の作成などを行うことが可能になります。 司法書士は戸籍謄本の収集から相 […]

    相続登記申請書の作成方法

    相続登記申請書の作成方法 相続登記申請書の作成方法はシンプルに自分で行うことも可能になります。 基本的に相続による相続登記申請は、亡くなった故人である被相続人が財産を残している際に相続人が家や土地、不動産を誰の名義にするのかをしっかり話し合い、話し合 […]

    不動産の登記簿謄本の取得方法

    不動産の登記簿謄本の取得方法 不動産の登記簿謄本の取得方法としてまず、不動産は、その所有者等の情報が、法務局に登記されていますので、具体的には、土地・建物ごとに1つの登記記録を作成する必要があります。 法務局は証明書を交付しますが、これを不動産登記簿 […]

    相続登記を行う際の必要資料

    相続登記を行う際の必要資料 相続登記を行う際の必要資料は多くの書類が必要になります。 まずは相続人のすべての該当者の印鑑証明を各一通用意します。 相続人の中で印鑑証明における印鑑登録をしていない方は、新たに登録の手続きを行い印鑑証明を作成することが前 […]

    相続登記の法務局への申請方法

    相続登記の法務局への申請方法 相続登記の法務局への申請方法は自分で行うことも可能です。 自分で用意するべき書類は原本還付の手続きをした原本を除いて登記申請書を先頭にして提出します。 登記がすべて終了してから返却されます。 登録免許税にかかる額面分の収 […]

    不動産の相続登記に関わる費用

    不動産の相続登記に関わる費用 不動産の相続登記に関わる費用は、登記費用として40000から60000万円になります。 相続関係説明図作成込みになります。 他に登録免許税、土地、建物の固定資産税の評価×0.4%がかかります。 抵当権を設定する場合には抵 […]

    不動産が先代名義のままだった場合

    不動産が先代名義のままだった場合 不動産が先代名義のままだった場合などはよくあります。 先代のおじいさんの名前、又は古い不動産の場合にはそれ以上の先代のデータが残っていることもありますので、名義変更の必要性がある不動産があります。 不動産の登記はトラ […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る