年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

相続登記編

    相続した不動産において発生する相続登記についての7つの基本知識

    土地やマンションなどの不動産を相続した場合、相続登記(不動産の名義変更)をしなければなりません。 ここでは、相続登記をするにはどのような知識が必要かを簡単にまとめました。 不動産を相続したとき自分で相続登記をしたい場合にはどんなことをする必要があるの […]

    相場を知っておこう!相続登記にかかる費用はいくら?

    不動産の名義変更を行う相続登記はなるべく早く済まさなければならないと理解してはいても、どの程度費用が必要なのかよくわからず、不安だという方もいらっしゃることでしょう。 実際に相続登記で必要となる費用は相続される不動産の状況に大きく左右され、すべて合わ […]

    相続登記(不動産の名義変更)の期限とは?登記しないと5つのデメリットがある!?

    皆さんは相続登記についてご存知でしょうか。相続登記とは不動産の名義変更のことを指します。 これは、何らかの不動産(土地や建物など)を持っていた方が亡くなり、その不動産を相続人が相続した場合に行う必要があります。今回はは相続登記の期限についてご紹介しま […]

    相続登記を行うときに必要になる委任状はどんなもの?

    司法書士に相続登記を頼む際、委任状が必要になります。 この委任状は相続人から、登記申請代理人である司法書士に出すものなのです。 どのような場合に委任状が必要になるのか、委任状にはなにを書くのか、詳しくご説明していきます。 1.相続登記を司法書士に依頼 […]

    不動産の相続登記の手続きについて

    不動産の相続登記の手続きについて 相続により不動産の所有権が相続人に移転する場合には相続登記が必要です。 相続登記に期限はありませんが、後々のトラブルを未然に防ぐためには、速やかに相続登記を行うことが必要です。 亡くなった方が不動産を所有している場合 […]

    相続した不動産に不動産取得税はかかる?

    相続した不動産に不動産取得税はかかる? 不動産取得税とは、売買、贈与、交換、建築等によって、土地や家屋といった不動産の所有権を取得する際に、一度だけ課税されるものですが、登記の有無や有償無償の別、期間の長短や取得の理由を問わず、不動産を取得した人が納 […]

    固定資産を相続した場合

    固定資産を相続した場合 相続における固定資産税の取り扱いとして、固定資産税の賦課期日はその年の1月1日となっていますが、資産所有者には納税義務が生じ、固定資産税の未納分の金額を相続税の申告書において債務として控除することが出来ます。 しかし、この場合 […]

    司法書士ができる相続手続き

    司法書士ができる相続手続き 司法書士は国家資格者です。 司法書士ができる相続手続きは相続に関する全般的な役割を担っていくことが可能です。 遺言書の作成から公正証書の作成、自筆遺言書の作成などを行うことが可能になります。 司法書士は戸籍謄本の収集から相 […]

    相続登記申請書の作成方法

    相続登記申請書の作成方法 相続登記申請書の作成方法はシンプルに自分で行うことも可能になります。 基本的に相続による相続登記申請は、亡くなった故人である被相続人が財産を残している際に相続人が家や土地、不動産を誰の名義にするのかをしっかり話し合い、話し合 […]

    不動産の登記簿謄本の取得方法

    不動産の登記簿謄本の取得方法 不動産の登記簿謄本の取得方法としてまず、不動産は、その所有者等の情報が、法務局に登記されていますので、具体的には、土地・建物ごとに1つの登記記録を作成する必要があります。 法務局は証明書を交付しますが、これを不動産登記簿 […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る