相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺産の名義変更手続きは基本的に自分でできる

相続が発生したら、相続人同士で全ての財産を分割し、相続しますが、それぞれの財産の行き先が決まったら、その財産の名義変更をしていかなければなりません。

名義変更は義務ではなく、特別に期限も設けられているわけではないので、後延ばしにしてしまいがちですが、名義変更しておかなければ後のトラブルを招く原因ともなりかねませんので、相続が終了したら速やかに財産の名義を変更しましょう。

一口に名義変更と言っても、財産の種類によって名義変更の方法は異なりますので注意してください。

1.遺産の名義変更の基本的な順序

1)まずは、「相続関係説明図」の作成!!
いわゆる家系図を作成し、相続人の範囲を確定させる必要があります。
そのためには、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を取得する必要があります。
まずは、本籍地の役所に赴いて、「相続手続きに使用するので!」と担当部署に申し出てみましょう。

2)次に相続人間での話し合い
相続人の範囲が確定したら、次は、その相続人の間で「どのように遺産を分けるか」を話しあう必要があります。
例えば、この東京にある不動産はAさんに、大阪にある不動産はBさんにというように具体的に決める必要があります。

3)最後に、「遺産分割協議書の作成」
分割方法が決まれば、最後にその分割の内容を書面に表します。
それが、遺産分割協議書です。
この遺産分割協議書をもとに、金融機関での口座の名義変更や不動産の名義変更などを行います。

この1)~3)のステップは、遺産の種類を問わず共通して必要な事柄となります。

2.不動産の名義変更が一番重要で難しい

なお、一番名義変更が重要となる財産は不動産です。

不動産を名義変更するには、相続登記をしなければならず、専門家に手伝いを依頼することも視野に入れると良いでしょう。

金融機関等については、担当の銀行員の言う通りに手続きを進めていけばこなすことができますが、不動産については、手続きが複雑でなかなか始めての方がすんなりできるような手続きではありません。

3.不動産の名義変更は放っておくと大変なことに

不動産の名義変更は、いつまでにしなければいけませんという法律上の期限がありません。

だからといって、いつまでも放置しておいても良いというわけではありません。

不動産の名義変更を放置しておくと以下のようなリスクが生じる可能性があります。

・相続人の1人の気が変わり、ハンコを押さないと言われた
・当時の相続人が亡くなり、さらにその相続人と連絡がなかなかとれなくなった
など。

そのまま住んでいる場合は不都合がない場合が多いですが、いざ、建て替えや売却をする際に、名義がきちんと変わっていないと手続きが止ってしまう可能性があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は大変お世話になりました。 会社の清算、土地の売却が絡んでいたこともあり、大変ご面倒な作業をお願いしたかと思いますが、非常にプロフェッショナルな対応で安心してお任せすることができました。 助けて頂き、感謝しております。ありがとうございました。

この度は大変お世話になりありがとうございました。 初めてのことで不安でしたが、いつも優しく丁寧に対応していただいたので安心しておまかせすることができました。 特に、ご指示いただく書類がとても分かりやすかったです。

今回もお世話になりました。 連絡、TELでのやりとり、伺った際の説明、申告までスムーズで安心してお任せできました。 ありがとうございました!

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る