年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

国際相続編

    相続税がない国、中国。財産の相続税評価とは?

    中国には、現在のところ日本の相続税に相当する税制がありません。 “現在のところ”というのは、現在、新たに導入される動きがあるからです。 近い将来、中国にも日本の相続税に相当する税金が導入される予定があります。 中国では、土地を“所有”できない 中国で […]

    海外在住者の相続放棄手続き

    海外在住者の相続放棄手続き 海外在住者の相続放棄手続きとして、日本国内で連絡が取れるような環境を用意する必要があります。 故人がいつ亡くなって、どのように相続を他の相続人が考えているのか、またどのくらいの相続できる財産があり、どのように皆さんが分割を […]

    サイン証明(拇印証明)の取得方法

    サイン証明(拇印証明)の取得方法 サイン証明(拇印証明)の取得方法として滞在先の海外の日本国の領事館内での取得を可能にします。 滞在先の日本大使館や、領事館で確認することが必要です。 サイン証明にも2種類のタイプがあり、しっかりと形式が分かれています […]

    プロベイト手続きとは

    プロベイト手続きとは プロベイト手続きとはアメリカでの主要な相続手続きになります。 検認裁判プロベート(PROBATE)遺産処理の責任者を任命しましょう。 プロベイト(検認)手続きは裁判所の決めた執行者が遺言者の有無の確認を行い申告の納税また相続人の […]

    米国の相続手続き

    米国の相続手続き アメリカの相続人における検認裁判プロベート(PROBATE)は米国の相続手続きを行うには日本との違いを理解する必要があります。 アメリカの相続手続きで、日本との違いがある理由として検認裁判プロベート(PROBATE)を考える必要があ […]

    相続人が海外にいる場合の相続手続き

    相続人が海外にいる場合の相続手続き 相続人が海外にいる場合の相続手続きを行う相続人が増えています。 近年になって海外留学や、海外勤務、単身赴任などによって海外居住者の方が相続を行なうケースなどが目立つようになって来ました。 このことから海外居住者の方 […]

    海外にある財産の遺産相続手続きについて

    海外にある財産の遺産相続手続きについて 海外にある財産の遺産相続手続きについてですが、ます国際私法により渉外的私法関係に対して適用すべきもの として指定された一定の法域における法である準拠法に従うことになり、基本的には被相続人の国籍のある国の法律が適 […]

    アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き

    アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き 日本では、二重国籍が認められていませんから、アメリカ市民権を持っているという事は、日本国籍を失うことになります。 日本国籍がない相続人がいる場合でも、特に通常の相続と変わらず相続することができます。 […]

    外国籍の相続人の相続権と申告手続きについて

    相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]

    外国居住の場合の印鑑証明の代わり

    外国居住の場合の印鑑証明の代わり 被相続人が亡くなり遺産相続する際に、海外居住の相続人がいる場合には遺産分割協議はできるのでしょうか。 現在ではこのようなケースも増えてきており、海外だからといってできないことにはなく、手続きも国内のものとそれほど変わ […]

    1  2  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る