相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。

そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。

毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者になります、また、支払いについての問い合わせや、所有者の土地の固定資産税を相続人の銀行口座に引き落としをしたい時は、市町村役場の税務担当課に届出用紙を取り、印鑑と銀行の届出印鑑が必要になります。

そのまま相続登記を行う際の必要資料には多くの書類が必要になります。

まずは相続人のすべての該当者の印鑑証明を各一通、準備しましょう。

そのため十分に固定資産税がいくらでどのくらい支払っていたのかも確認しましょう。

固定資産税の支払い

固定資産税の支払いは毎年づつの支払いになります。

固定資産税は基本的にすべての不動産にかかる税金です。

課税対象は土地・家屋・有形償却資産です。

しかし日本国内意外にある不動産には課税されません。

固定資産税は1月1日に払い、この時に登録されている名義人が支払う義務があります。

市町村の条例で特に定める場合以外、課税標準が、土地の場合は30万円未満、家屋の場合は20万円未満の場合は、非課税になります。

このことから固定資産税についてよく知る必要があり、無駄に税金を支払わない、又は正しい税金金額を把握することが求められます。

固定資産税には十分に支払いが可能な金額かどうかを測量や、サイズによって決められます。

初めてで固定資産税についてもっとよく知りたい方は専門的な知識のある専門家に相談しましょう。

固定資産税は時代によって大きく変動してきましたが近年ではしっかりとした規定に基づいて価格を決めています。

相続の際には遺書や遺産分割協議書

相続の際には遺書がある場合には遺書にしたがぅて相続を行っていきます。

そのため十分に遺産分割に浮いてもしっかり各相続人と打ち合わせを行い、どのように分割していくのかを決めていく必要があります。

遺産分割協議書は相続人の方すべてが用意する必要が利用できますので、十分に記入漏れなどがないように作成していくことをおススメします。

遺産を分割する際に他の相続人の同意が得られないときには相続を完了することが出来ない状態が続きます。

そのため十分に皆さんで打ち合わせを行い、手続上でトラブルがあるようであれば専門家に相談して解決をしていくことをおススメします。

相続の際にはこのように慎重に手続きを行っていくことが求められます。

 

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る