法務局で行う相続手続きとは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

法務局で行う相続手続きとは

法務局で行う相続手続きとは

遺産相続にあたり、法務局で行うべき相続手続きは相続登記です。

法務省の取扱い事項に、戸籍や登記の管理があります。

そのため、遺産相続で相続した土地や建物などの登記を法務局で行うということです。

法務省は日本全国に8か所の法務局と42か所の地方公務局を設置しています。

相続登記はその土地や建物のある住所を管轄している法務局で手続きします。

相続関係や相続物件がそれほど複雑化していない場合は、自分で申請することも十分できます。

しかし、相続人が多数おり、しかもその関係や思いが非常に複雑に絡み合っていたり、相続する物件が他者とのかかわりを持っていたりなどその状況は様々で、複雑化した相続物件の相続登記を自分個人で済ますのはそれにかかる時間と労力を考えると簡単なものではありません。

申請に必要な書類を準備する為の調査から始まり、その書類準備は専門知識と時間がなければ挫折することも多いはずです。

そういう場合は、司法書士等の専門家が存在しますのでその方たちに手続きを依頼することもできます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能
1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]
被相続人の住所が不明の場合の相続手続き
被相続人の住所が不明の場合の相続手続き たとえば、親戚が亡くなっていたことを知らずに年月が経過し、自分が相続人となっていたことを知った時にはその方が最終的にどこにいたのかがわからなくなってしまうことがあります。 住所がわからないと、色々な手続きが進ま […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306