認知症の相続人がいる場合の相続手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

認知症の相続人がいる場合の相続手続き

認知症の相続人がいる場合の相続手続き

認知症の相続人がいる場合の相続手続きは他の相続人以外の代理人を立てて手続きを行っていきます。

そのため十分に本人をカバーできる信頼できる人物を探し出すことが最初の判断になります。

相続の際には多くのケースを含めて手続きを行っていく必要があります。

そのため相続人の中に未成年者がいるケースや障害者がいるケースをしっかり認識して計算していく必要があります。

認知症の方は判断能力が鈍っている方が多く、成年後見人を選任する必要があります、認知症の方で判断能力が低下していて正しい判断が出来ない方には、その代わりにしっかりとした判断では財産の管理や金銭の管理を代行できる方を選定しましょう。

成年後見人が認知症の方の代わりに遺産分割協議

遺産分割の際にも、この成年後見人が認知症の方の代わりに遺産分割協議に一緒になって参加することが求められます。

この際にも成年後見人は、認知症の方を代理して遺産分割を協議を行いますので、認知症の方の分の意向もすばやく組み込んで、円満に解決できる人物の選択が大切な要素になります。

また本人に不利益な内容の遺産分割協議書に署名や押印をすることなどはできません。

成年後見人の住所近くの家庭裁判所にて申し立てを行うことが可能になります。

申し立ては郵送でも可能になりますが、詳しくはお近くの家庭裁判所にお尋ねください。

また専門家に相談することで成年後見人が認知症の方の代わりに遺産分割協議についてスムーズに解決をすることが可能です。

申し立てに必要な書類は申立書

申し立てに必要な書類は
・申立書
・代理人行為目録
・同意行為目録
・本人に関する照会書又は親族の関係や続柄が分かる親族関係図
・親族同意書
・財産目録
・相続財産目録
・遺産分割協議書
・収支目録
・候補者に関する照会書
・本人の登記されていないことの証明
・申立人及び、本人、後見人候補者の戸籍謄本
・本人、後見人の候補者の住民票
・その他の財産に関する資料
が必要になります。

相続人の中に精神的な障碍者がいる場合にも、相続人にならない代表者を代理人にする必要があります。

他の相続人は代理人になることはできないため注意が必要です。

相続の対象になるものには多数のカテゴリわけを行うことが可能になります。

はじめに不動産、車、飛行機、家、貯金、その他の高価な商品など。

一方、マイナス財産としては借金、や車のローンや教育ローン、住宅ローン、未払いの税金や未払いの家賃、地代未払いの医療費なども含まれます。

そのため相続を行うやり方を十分に検討し、家庭裁判所の判断なども含めて検討していきましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能
1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]
相続税の税理士報酬・費用の相場は、価格ドットコムと同じ?
1.遺産総額の1%が相続税の税理士報酬という相場は根拠なし!? 相続税の税理士報酬や費用というのは、あまり見慣れないものであり、初めて税理士から見積りを出された相続人は、驚くかもしれません。 税理士報酬は、平成14年から自由化されており、各会計事務所 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145