重国籍者にかかる相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

重国籍者にかかる相続税

重国籍者にかかる相続税

相続税の制度というのは、当然ですが国によって異なります。日本のように、相続者が課税される国もあれば、被相続人に課税する国や、非課税の国もあります。

ということは、どこの国籍を所有しているかによって、相続の際にかかる税も変わってくると言う事です。

世の中には、様々な理由から複数の国籍を所有する人が存在します。

その際は、どの国の法律に従って相続税を納税すればよいのでしょうか?日本の場合は、日本国籍とそのほかの国籍を同時に所有している人、すなわち重国籍者も、「日本国籍を有するもの」と見なし、一律に相続税が加算されます。

ですので、被相続人が日本国籍を所有していて、同時に他の国籍を所有していても、日本国籍を有するものとして分類されるので、日本の相続税法に則って相続税を納税する必要があります。

また、税金対策として、どちらかの国籍を放棄することによって納税を免れることができる場合もありますが、相続税のために一つの国籍を放棄するということは、よほどの金額でないと考えられないでしょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
外国人にかかる相続税
外国人にかかる相続税 相続人が日本国籍を持っている場合、法定相続人は配偶者、その次に子供、父母、兄弟などのことを指しますが、相続人が外国人の場合はどうなのでしょうか。 実は相続人が外国人で、国際結婚により日本人と結婚し、日本に居をかまえている場合、た […]
特定納税義務者とは
特定納税義務者とは 相続税法において、納税義務者は居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者、制限納税義務者と特定納税義務者の4種類に分類されます。 最後に特定納税義務者とはどういった定義がなされているのかをご紹介します。 特定納税義務者とは、平た […]
非居住無制限納税義務者とは
非居住無制限納税義務者とは 相続税法における無制限納税義務者は居住無制限納税義務者ともう一つ、非居住無制限納税義務者という区分に分別されています。 では、非居住無制限納税義務者とはどういった定義があるのか、見ていきましょう。 居住無制限納税義務者は、 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145